第21期雀王決定戦観戦記 3日目

1日目2日目3日目最終日
11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

第21期雀王決定戦観戦記
3日目 15回戦

【担当記者:坪川義昭】

雀王決定戦3日目も残すところあと1戦となった。

14回戦に奇跡の『ワン・フォー作戦』を成し遂げた松本がプラス域に復活。
とはいえ浅井のリードはまだまだ大きく、2番手のポイントも渋川と松本が入れ替わっただけでなかなか浅井に追い付く者は現れない。

結果から言うと、浅井はこの半荘3人に包囲網を敷かれたわけではないのだが、やられてしまう。
しかし浅井は決して勝つための姿勢を崩したわけではないのが伝わってきた。

東2局にこの手牌から、ドラのをポンしマンズのホンイツ仕掛けをしていた下家の松本に対し2枚マンズを被せてアガリに向かっている。

しかしここは余りなしのテンパイが入っていた松本が浅井から8000点の直撃に成功。

更に松本は親番でフリテンリーチながら高目を一発でツモりあげて6000オール。
勝負ありと思わせるには十分なアガりだった。

松本にとってトップは高確率で取れそうなので、いかに浅井の着順を落としながらラス親を持って来れるかが焦点になってくる。

そんな松本にここから風が吹き始める。
というかすでに吹いていたのだが、更に加速していく。
まずは仲林が8000をアガり競り合いから抜け出していく!!

渋川も負けじと500/1000をツモアガリ!!

更に渋川魂の2000を浅井から直撃!!

オーラスも松本がナイスな振りトップでゲームセット!!

浅井以外の3人の手が噛み合い、松本にとっては連続での『ワン・フォー作戦』成功である。
6000オールによる大量リード以降のゲーム回しが秀逸だったこともあり、まるで3人が掌の上で転がされているようにも思えた。

松本が遂に最終日前に浅井と肩を並べた。
渋川、仲林も残り5回戦を残していることを考えると絶望的な数字ではない。
最終日もドキドキするような試合が観れることが一視聴者として嬉しい。

そういえば、前回の観戦記で書いた『見逃されたやつはツク』というオカルト理論が見事に的中した。
長年麻雀をやっていると見えない世界が見えてくることもあるのかもしれない。

優勝を決めるオカルト理論…雀王になる男は、

『対戦相手をリスペクト!』

この世界には、理よりも強いまちがいがあるのかもしれませんね。

PAGE TOP