協会東北プロアマシリーズ

協会東北
プロアマシリーズ

【協会プロアマ】の先駆けとなる東北支部公式大会。年間を通して戦い、勝ち抜いた者達が決勝の舞台へ駒を進める。雀力以外にも戦い抜く体力も非常に重要な戦いである。名称は当初協会プロアマだったが、他の地方でもようになり、【東北プロアマ】と変更された。

タイトルホルダー

終了5分前の合図が鳴ったこの局は、それぞれの意地と意地のぶつかり合いの局となった…。しかし決着はつかず流局。供託3本のまま次の局へ…。
南2局2本場 ドラ南 供託3本
7巡目に親の山田の先制リーチ。そしてここで時間終了の合図。この局で終わりである。なんとか堀田をまくりたい東海林が手役を作りに押しに押す……が、最後は親の山田に捉えられ跳満の18600点を放銃して決勝の戦いは幕を閉じた。(第6回協会東北プロアマシリーズ観戦記より 抜粋)

タイトル戦概要

大会システム

年間を通して東北のプロとアマが同じ土俵で成績を競う(全8節予定)。

決勝戦

全節終了後、規定回数到達(16半荘以上)かつトータルの成績がプラスだった選手による準決勝・決勝を行い年間の優勝者を決定。

歴代タイトルホルダー

第1回小館洋平
第2回九丈ヤス
第3回井上亨
第4回秋山剛
第5回山本政樹
第6回堀田卓さん
日本プロ麻雀協会公式Youtubeチャンネル

パートナーズ

  • PINK ION JAPAN
  • 株式会社久
  • 株式会社ダンネット
  • 株式会社fuzz
  • 株式会社スリーアローズコミュニケーションズ