第20期雀王決定戦観戦記 3日目

1日目2日目3日目最終日
11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

第20期雀王決定戦観戦記
3日目 14回戦

【担当記者:千貫陽祐】

東1局1本場 供託2
仲林のリーチ一発目にイーシャンテンから勝負したが捕まる。

メンタンピン一発ドラ裏の12000は12300の放銃。後がなくなってきた小川にとっては痛恨の放銃。
そんな小川に不幸な出来事が続く。

東3局2本場 供託2
親は小川、またも流局を挟み供託が貯まっている。
役牌をポンしている小川に対して、またもや仲林のリーチが入る。

ドラが溢れてしまうが、待ちは十分な形であるため勝負!

これがまたもや放銃…メンピン一発ドラドラ裏の12000は12600。
苦しい小川に対し、2度の大きなアガリをものにした仲林は5万点を越えて優勢な立場となる。

前局で箱割れしてしまった小川がダブリー!
つ、ついに小川に光が!…と思いきやリーチの時点で既にアガリ牌のは純カラ。 仲林が一歩ずつ歩み寄り、ドラ3のテンパイを入れる。
またか…と思ったのも束の間。

親の渋川がしっかり押し切り、タンヤオの1500をアガリきる。トータルトップだが手を緩めない。
そんな渋川に試練の時間がくる。

東家の小川からリーチ。
北家矢島がソーズの仕掛けで押している。
安全牌に窮した渋川の選択は…

。ソウズが打ち切れなかったか。
これが小川のアガリとなり復活の12000。
この放銃で渋川を4着にするという目標が3者共通の目標となったか。

渋川もそうはさせじと南3局にアガリを決めて、オーラスを迎える。
小川がラス抜けを目論むホンイツの仕掛けを開始。

しかも上家はトップ目の仲林。かなりのアシストが期待できる。

が、ここは自身に手が入っていた仲林がタンヤオドラドラの3900を山越しすることもなくアガり終了。
渋川が連荘して2着へと浮上する最悪の事態を回避したか。

3着でおわったものの、これで14戦ラスなしという驚異の成績の渋川。
しかし、一歩一歩迫ってくる仲林。
小川・矢島の反撃はあるのか?
残りはあと6戦、この後も目が離せない戦いとなるであろう。


PAGE TOP