トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

順位
名前
ポイント
1日目
2日目
3日目
16回戦
17回戦
18回戦
19回戦
20回戦
1
金 太賢
90.3
97.8
-38.3
-99.9
-24.5
-16.2
94.3
62.4
14.7
2
下石 戟
23.9
107.9
106.3
24.0
-45.6
-49.7
-20.6
-49.2
-49.2
3
仲林 圭
-44.3
-16.3
-58.0
50.2
64.1
9.6
-79.2
13.7
-28.4
4
宮崎 和樹
-72.9
-191.4
-10.0
24.7
6.0
56.3
5.5
-26.9
62.9

1日目観戦記2日目観戦記

≪第17期雀王決定戦について≫

【日程・会場】
◆日程
1日目…10月13日(土) ニコニコ生放送 FRESH!
2日目…10月20日(土) ニコニコ生放送 FRESH!
3日目…11月3日(土) ニコニコ生放送 FRESH!
4日目…11月1日(土) ニコニコ生放送 FRESH!
いずれも11:00より配信予定です。

≪第17期雀王決定戦に向けて≫

現雀王

金 太賢

歴代雀王の木原・角谷が降級し、たろうは人生初の年間トータルマイナスに。

一方のチャレンジャー3人は初の決定戦で、みな私より若い。
世代交代? いや、世代交代の筆頭はこの私。

協会の新時代は私が作る!

1位

仲林 圭

Aリーグ3年目で、やっと雀王決定戦への切符を手にしました。
今年勝つのと負けるのとでは、これからの麻雀人生が180°違うと思っています。

自分らしく、丁寧に、当たり前のことを当たり前にやり続けることしかできませんが、勝ちたい気持ちは誰にも負けていません。
ここ数年、同年代の白鳥プロ、石井一馬プロ、渋川プロが活躍する中、不甲斐ない結果ばかりでしたが、雀王を取って彼らと肩を並べられるようになりたいと思います。

応援よろしくお願いします。

2位

下石 戟

実績、経験ともに今回の決定戦の面子の中では一番下ですし、実力も一番下という自覚があります。
今は。

痺れる環境・相手と世界一の頭脳ゲームで闘えることを堪能します。

3位

宮崎 和樹

ついにここまで来ました。
このチャンスを必ずものにして、雀王になりたいと思います!

集中していつも通り打てば勝てると信じています!

■インタビュー動画


 

▲このページトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー