チェックページ2

関西雀王決定戦 第2日目

1日目に3トップで首位の中本は18期入会のニューフェイス。
初日はさほど見た目には映らなかったが緊張もあっただろう。2日目はよりリラックスして打てそうなので、ストレート昇級から一気に頂点へと期待も高まる。

2トップでまずまずの初日だったのが関西雀王の後藤。ディフェンディング制ではないため今年もAリーグを戦って決定戦を決めている。初日は逆転に次ぐ逆転で南場の後藤と叫ばれていた。この位置で2日目を迎えられた追い込み型にもはや死角はないのではないか。

一方でトップを取れなかった2人。2年連続で決定戦に残り雀王戦でもB1へ昇級を決めている御崎、今年は主戦場を関東に移しすでに関東でも注目を集めているが去年も掴めそうで掴めなかった関西雀王の称号を何としても持ち帰りたいだろう。そして第15期雀王でA1リーガー、aiko結婚で涙に暮れる角谷。逆境を力に変えて、巻き返しは必至。取られたら取り返すスタイルの角谷が4位にいることで混戦になるのではないか。

●6回戦(中本‐後藤‐御崎‐角谷)

東2局の中本の配牌、

いったんに手をかける人が多いだろう。中本の選択は
そもそも配牌もよくないので、ここは字牌を温存して守備寄りに七対子に決め打つ。

イーシャンテンで、仕掛けている親の下家に鳴かれる自分でも切っていて2枚切れのを止めるも次巡にテンパイすると、を横に曲げる。ドラ2の後藤は当然これを仕掛けて待ちで2人のめくり合いに。

は4枚も山に残っていたが、中本がを手繰り寄せる!

序盤を慎重に進める中本を象徴するようなアガりを決める。

東3局
親番でドラ2の好配牌を手にした角谷、ここは仕掛けて9巡目にあっという間に両面テンパイをはたすもこれが山に1枚しか残っていない。

しかし、当然いますよねといった様子であっさりとツモアガり。
もちろん1枚しかいないことを角谷は知る由はないのだが、今日はなんだか勝つ気がする。

東3局1本場
ここも好配牌を手にした角谷、ところがツモが利かず先手を取ったのは御崎。
数巡後に角谷が追いつくのだが、無筋のを縦に置く。今通ったばかりの現物待ちとはいえ、らしくない選択に思えた。

序盤にドラも切っていて、リーチに無筋を押すのだから普通は最大限に警戒されるだろう。
しかし、を切っているのは角谷である。

角谷でなければ2軒テンパイ濃厚と読むかもしれないが、角谷だからこそまだテンパイではないのかもと思わせる。

しかし、次巡に掴んだのはさらに危険な。これを切るとさすがの角谷といえどテンパイだと思われるだろう。ここで手牌のと入れ替えて横に置くのだが・・・

これは御崎の高めのアガり牌。

南入して、後藤が御崎から5200をアガるも次局すぐに御崎が後藤から5200を取り返す。

僅差のままオーラスを迎え、親の角谷が先制リーチ!

トップ目だが、放銃するとラス落ちまで見える御崎。
すでに待ちのテンパイを入れており、ここは腹をくくって真っ向勝負。

初日にトップのなかった二人のめくり合いは、枚数差の通り順当に御崎が制した。
一方、トータルポイントで1位の中本と200ポイント以上離された角谷はそろそろ取り返していきたいところである。

●7回戦(中本‐御崎‐角谷‐後藤)
東1局、親の中本がダブ東をポンしてピンズのホンイツへと向かうが、ここに3者が被せていく。
一通ドラ1が見えるがやや形の苦しい御崎、字牌の余り始めている親に対して初牌のを切り飛ばすが、先制リーチは角谷。これに対して親の上家の後藤がリーチには通りそうだが切りづらいを切り飛ばして追っかけリーチ。これを角谷が一発で掴んで、後藤8000のアガりとなる。

その後、大きな点棒移動もなく南入して親番の中本にチャンスが訪れる。2巡目に一通が完成してドラもあり、ホンイツやチンイツも狙える。

その後と引き一通崩れのペンの役なしテンパイをダマテンにすると後藤から先制リーチを受ける。進行が非常に難しくなったところにタンヤオのカン待ちテンパイを入れた御崎があっさりとかわし切る。

アガってトップ目に立ち親番を迎えた御崎にも大チャンスの配牌。

3巡でさらに形を良くした御崎、ここで上家から打たれたに手が止まる。

ここでチーするとと打ち出すことになるのだが、他家からこの仕掛けがどう映るだろうか。対局後にあのチーはないっすねーと本人も言っていた通り、ドラがでマンズの染めにも見えない河でから3巡目にをチーするほど価値のある手牌といえば、もうドラが固まっているのは明らかである。この後甘い牌はそう打たれない。

しかし、すぐにも暗刻にして待ちのテンパイとなると、もう誰の力もいらないだろう。仕掛けられた直後から対応を始めた3者からはすらも打ち出されることもなさそうだが自力でツモって4000オールのアガりをものにする。

11000点持ちのラス目でさすがに、このままだとかなり厳しくなる角谷の南3局の親番。

を暗カンしての先制リーチを一発でツモり裏も乗せて6000オール!!

トップ目の御崎まで6600点差と迫る。

南3局1本場は全員がテンパイで終盤まで凍り付くようなめくり合いがつづくが、アガったのは四暗刻イーシャンテンからポンテンを入れていたラス目の中本。

放銃したのはリーチを打っていた後藤、これで少し離されたラス目でオーラスの親番を迎えることになった。

トップを取りたい角谷、親番でなんとか取り返した後藤、しかしその手を阻んだのはトップ目の御崎。

今日の御崎は少ないチャンスを活かし、かわし手をきっちりと決める安定感のある打ち回しで連勝、トータルでもトップに立った。

●8回戦(角谷‐後藤‐御崎‐中本)
ここまでトップのない角谷だが、この半荘は角谷のための半荘と言っても過言ではない。

東1局
1段目を過ぎてもメンツが一つもなくバラバラだったはずなのに・・・

まずは2600オールのアガリを決めると、次局は一発ツモで持ち点は早くも45100点

2本場は7巡目に純チャンのテンパイを入れるがここはダマテン。
先制リーチを受けてもダマプッシュを続行。これがニュー角谷なのだろうか、イーシャンテンを装って出アガリも狙う。

この局は御崎にかわされてしまうが、まだまだ角谷の進撃は止まらない。

東2局
中本の先制リーチにカンの三色ドラ1をダマテンでプッシュすると、リーチ者の中筋となって後藤から出アガる。

東3局
後藤、中本の2軒リーチをものともせずに押し切る。

東4局1本場では後藤のリーチと御崎の仕掛けに50000点持ちの角谷が追っかけて8000の放銃となってしまうが・・・

南2局

高めはダマで8000の手をリーチすると、親に追っかけられるもこのアガリ

南3局1本場の満貫ツモ、オーラスはトータルトップの御崎の着順を落とす値千金3900の直撃でフィニッシュ。

実に8回のアガりで、大きなトップを取り上下のポイント差もぐっと縮まった。
ここに座っているのが角谷でなければ8000の放銃はないかもしれないが、アガリも4回くらいだったんじゃないか。圧巻の半荘だった。

●9回戦(御崎‐後藤‐角谷‐中本)

2日目はここまで3ラスの後藤、8回戦終了時に「あかん、3ラスやー」と元気な声で控え室に戻ってきた。まだまだ心は折れていない。そろそろ反撃といきたいところだ。

東1局
後藤が絶好のカンを引いてこのリーチ。

7巡目の3面張がアガれないなんてよくあることではあるとはいえ、結果は今日の後藤には辛過ぎる1000点の横移動。

東2局

親番の後藤はドラがトイツの配牌。
役牌のを重ねて仕掛けると、広いくっつきのイーシャンテンからなんとドラを暗刻にしてテンパイを入れる。

終盤にポンテンを入れた角谷からが打ち出される!
ところが、ロンの声が同時に聞こえ手を倒したのは御崎。
12000点のアガりかと思いきや1000点の頭ハネ。
後藤は本当に今日はツイていない。

東3局
前局は1000点の支払いで助かった角谷が親で、同じような展開に。

タンヤオドラ3の手をダマテンに構えていると、御崎もピンフのテンパイをダマテンにする。

しかし、これが天賦の差か。角谷がきっちりとソウズの染め手の中本から捕らえて12000点をものにする。

ほんの僅かの差で12000点放銃、1000点横移動だっただけに今日は角谷に展開が味方している。

東3局1本場は、後藤の先制リーチに追いかけた御崎が1000-2000をツモアガると、東4局は4面待ちの御崎のリーチにラス目の親の中本がテンパイで追いつくが最高目で放銃となってしまう。

このリードを活かして御崎が次々と局を流していく。
今日の御崎は一撃を決めると、かわし手もよく決まり安定した立ち回りである。

点差の離れたオーラス、跳満で2着浮上の後藤はアガリ形からのフリテンリーチ。
初日に幾度となく見たオーラスの後藤の逆転、ついに会心のアガリを決めるか?

にしてもどれをツモっても逆転だったが、迷うことなくを選択するとついに後藤にも笑顔の瞬間が訪れる。

トータルトップ目の御崎がトップを取り大きなリードを築いたが、後藤もここでなんとか2着を確保できたのは大きいだろう。

●10回戦(中本‐角谷‐後藤‐御崎)

東2局、親の角谷がメンホンテンパイを入れると二人の染め手に挟まれながらもドラ2でチャンス手の中本が放銃となる。

東2局1本場も意気揚々とリーチと行くが、中本が回りながらも粘ってドラ単騎の1000-2000をツモアガりここから、ここから激しい乱打戦となる。

東3局、今日はかなり苦しい中本だがトイツの多い手牌があっという間に四暗刻テンパイ!
そして、あっという間に引きアガる!!

東4局の御崎の親番を役無しカンチャンテンパイをあっさりツモアガり、いい感じで南場を迎えたのだが・・・

南1局は角谷の強烈なフリテンリーチが入る。
暗カンも入っていてドラ4の高めは3枚切られているがこれをツモれば一気にトップ目に追いつくチャンス。

そのは山に残っていたのだがここは流局。

南2局1本場
後藤のカンの一通リーチが入り、そのときの角谷の手牌がをポンしていてこの形。

一発で放銃も考えられるところだったが、なんとそのを暗刻にして5800を後藤からロン。切り遅れに見えたがまさかこんな結末になるとは。

角谷はさらに3900、2900を後藤から立て続けにアガり、中本に肉薄する。

大きく箱下沈んでしまった後藤、しかしここから反撃が始まる。

南4局4本場に満貫をツモアガって親番を迎えると、
まずはチンイツドラ1をツモって一気に御崎をまくる。

一人テンパイと1500のアガりの次局は四暗刻のイーシャンテンからのポンテンを取らずに、ドラののシャンポンのツモり三暗刻のテンパイとなる。

は出アガりができないが、ダマテンのまま進行すると・・・

この6000オールで一時は6万点差があったが、なんとトップ目に!

オーラスは角谷が満貫条件を満たして2着へ浮上。

役満を親被りした後藤がトップで、ツモった中本は3着、トータルトップの御崎は大きく箱下に沈んで一気に差が縮まる形で2日目を終えることとなった。

最終日も4者にチャンスのある、とても楽しみなポイント状況である。

PAGE TOP