第21期新人王戦決勝観戦記

1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦

第21期新人王戦決勝観戦記
4回戦

【担当記者:千貫 陽祐】

4回戦(はじめ-新林-夏目-姫川)

1回戦で4着だった夏目が連勝、8万点弱のトップを取った新林が連続4着を取ったことにより差がぐっと縮まった4回戦。最終戦へ向けた戦いが始まる。

東1局・1本場・ドラ
はじめと姫川の2件リーチが流局した次局にこのゲームの初アガリがでる。

トータルトップの夏目がリーチ・ツモ・ドラ3の満貫!
夏目がトップを取ると、他の3人はかなり苦しい展開となる。優勝のためには、なんとか夏目のトップだけは防ぎたいところだ。

東2局・1本場・ドラ
その3者の想いがさっそくぶつかる。
まずは親の新林が
 ドラ
で先制リーチ。場に2枚切れではあるが、ピンズの下が良さそうに見える。

そこに追いついたのは姫川。
 ツモ   ドラ
と絶好のツモでテンパイ。

さらにはじめも勝負手で参戦!
ドラ
この三つ巴を制したのは…

姫川!役・役・ホンイツ・ドラ1の満貫で反撃の狼煙を上げる。

その後、大きな点棒の動きがないまま南2局を迎える。
東家 新林  20800
南家 夏目  34700
西家 姫川  27000
北家 はじめ 17500

前局捲り合いの末、親が流れてしまったはじめはホンイツの大物手狙い。親の新林は10巡目から形式テンパイ狙いの仕掛けを開始。
そこに「リーチ」の声。

夏目が勝負を決めるべくドラ4リーチを放つ。

前巡にアンコのを切りカン待ちを選択して闇テンに構えていた姫川。
2枚切れで苦しい待ちではあるが、ツモ切りリーチで追っかける。
1半荘勝負だとかなり分の悪い勝負だが、ポンが入っていてピンズの上に期待が持てる事+夏目の現物待ちであることから、他家が夏目のトップを阻止する目的で打ってくれることが期待できる。

しかし、その想いは届かず…姫川が夏目に8000点の放銃となる。
このまま夏目は危なげなく逃げ切り…といかないのが麻雀であり、決勝戦である。
前局に大打撃を受けた姫川が

リーチ・タンヤオ・ピンフ・イーペーコー・ドラの満貫をアガり、迎えたオーラスの親番では

フリテンリーチを思い切りよくかけた甲斐があり、一発ツモの4000オール!
夏目と1700点差までに詰め寄り、さらにその勢いのまま次局も親リーチをかけていく。

しかし、反撃もここまで。
前巡にテンパイを入れていた夏目が3連勝を決める、大きな大きなアガリを決めて4回戦の幕は下りた。

夏目が圧倒的有利な立場で最終戦を迎える。このまま夏目の逃げ切りとなるのか、はたまた大波乱が起こるのか…新人王の栄冠は誰の手に!?


PAGE TOP