第2期関西雀王決定戦観戦記 1日目

1日目2日目最終日
1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦

第2期関西雀王決定戦観戦記
1日目 5回戦

【担当記者:松浦裕充】

ここまで、中本・後藤が2トップずつ。
今日トップのない御崎・角谷としては是が非でもトップを取って初日を締めくくりたいところ。

東1局、角谷に少し難しい手牌が訪れる。

選択肢はあたりか。
角谷はドラの重なりの打点上昇とアガりやすさを考えを選択。

しかし同巡、中本がを引き入れ先制リーチ。

角谷も狙い通りにドラ重ね、テンパイするが、ここは中本のツモアガり。

その後大きな点棒の移動はなく、混戦のままオーラスへ。

御崎 25900
後藤 18000
角谷 27000
中本 29100

先制テンパイは角谷。
これをアガり切れば今日の負債はほぼチャラになる。

しかし、今日の南場といえばこの人。
現関西雀王の後藤。

配牌でがトイツ、ドラは持っていなかったがあっさりを暗刻にし、ドラも引き入れ追っかけリーチ。
後藤はシャンポン待ち、角谷はカンチャン待ち。
どちらも数字上は4枚待ち。しかし今日一日の結果を象徴するかのような残り枚数であった。

後藤残り4枚、角谷残り0枚。
これを角谷からアガり、4着から2着へ浮上。

初配信で緊張もあったと思うが、初日をトップ3回4着2回で終えた中本が首位。

後半の逆転で気分よく終われたのがトータル2位の後藤。

トップこそなかったものの、▲20pで収めた御崎。

今日は角谷の日ではなかった。

最後のインタビューで角谷は「200p差までは誤差。」と言っていた。
確かに協会ルールは大きくポイントが動くことが多いが、ここまで言い切るのはさすが角谷といったところか…
元雀王がどのようにこの差を詰めていくのか、2日目も楽しみである。

PAGE TOP