第20期女流雀王決定戦

1日目2日目最終日
1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦

第20期女流雀王決定戦観戦記
1日目 3回戦

【担当記者:千貫陽祐】

3回戦(佐月‐中月-逢川-奥村)

この半荘、最初の主導権を握ったのは奥村。7巡目にツモで以下の牌姿。
ツモ
アガリを確信しそうなツモである。これを当然のリーチ。中月が役牌のポンテンを取り追い付くが…

待ちの良さもあり奥村のツモアガリ。リーチ・ツモ・タンヤオの1000・2000。

東3局・ドラ

前局に1300・2600をアガリ、トップ目となった逢川が親。
9巡目にのポンテンを取り、ドラをリリース。
そしてリーチを受けてのお帰り
危険牌・自分の打点の安さ・現物が3枚ある…普段ならオリることを選択しそうな状況である。
が、実は佐月のリーチは奥村の打後のツモ切りリーチである。
もちろん、それを見逃す逢川ではないだろう。このをツモ切り押していく。

しかしアガリは佐月。
待望の三色変化の可能性が少なくなったのでツモ切りリーチをしたのであろう。
しっかりツモって、裏ドラも乗り満貫のアガリとなる。

その後、アガリは出るが抜け出るものがいないまま迎えたオーラス。
点棒状況は下記となる。
東家 奥村 28600
南家 佐月 18700
西家 中月 27900
北家 逢川 23800
1本場・供託1

どこからでもトップが狙える勝負所。親の奥村の配牌が良い。

しかし、満貫ツモ条件の佐月にも条件を満たせそうな配牌がくる。

先手を取ったのは奥村。

テンパイを外すか、闇テンにして手替わりを待つか少考後にリーチ。
心なしか自信がなさそうな手つきに見えた。それに対して、ドラのを重ねてチャンタ・ドラドラ。高め満貫のテンパイを入れた佐月が押し返していく!軍配は…

奥村に上がる。リーチ・ドラドラの大きな大きな7700。
これで次局、伏せて終了…

ではなく、さらに大幅な加点をし5万点越えのトップを取ることに成功した奥村!
かなり手応えがあったのではないだろうか。

トータルトップが入れ替わった。
が、勝負は後12半荘もある。これからの戦いが楽しみである。


PAGE TOP