第20期雀竜位決定戦観戦記 3日目(最終日)

1日目2日目最終日
11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

第20期雀竜位決定戦観戦記
3日目 13回戦

【担当記者:千貫陽祐】

13回戦(小池-秋山-吉田-富永)

雀竜位決定戦も残すところ3半荘。
まだ優勝の可能性は全員にあるが、富永はがけっぷちである。最低でも2トップは必要であろう。ポイントプラス者3人はトップを取り主導権を握りたいところ。

東1局
3日目をトータルトップで迎えた小池。ここまでは貯金を使ってしまい、気が気でないところか。その小池が起家で先制リーチを打つ。


ドラ

リーチを受けた時点でドラドラのイーシャンテンであった吉田は真っ向勝負。

ドラ

この手牌にツモ…当然の追っかけリーチ。
が、リーチ宣言牌であるが御用。小池5800点のアガリ。

東1局・1本場
前局に手痛い失点をした吉田。傷を癒すべく勝負手でリーチ。

ドラ

そして親の小池が追っかけリーチで再戦!

ドラ

ここは吉田がリベンジ達成。小池から高めの直撃で8000は8300のアガリ。

東2局
親の秋山が先制リーチ。

ドラ

4巡目に役なしカンチャン待ちのテンパイを外していた富永。リーチを受けたタイミングで絶好の待ちとなる牌をツモる。
ツモ ドラ

追っかけリーチをするが、その宣言牌がロン…

裏は乗らず。リーチ・一発・タンヤオの7700点のアガり。

東3局
富永がをポンで染め手模様。そんな中、打点を重視して手牌を進行していた小池が以下の手牌に。

ツモ ドラ

意を決してリーチの発声とともにを放つ。

開かれる富永の手牌。清一色・ドラのハネマン。小池は痛恨の放銃である。

東4局
吉田がを引き入れて気持ち良くリーチ。

ドラ

後がない小池も追っかけリーチ。

ドラ

吉田のアガリ牌は山に5枚。小池のアガリ牌は山に2枚。手に汗握るめくりあいを制したのは、

小池だ!復活の2000・4000。
ここまで1牌の後先をめぐる好勝負が繰り広げられている。

南場に入り抜け出したのは富永!リーチ・ツモ・ドラ3の2000・4000。
そして、南3局に悲鳴の上がりそうなアガリがでる。

トータルトップの秋山に中・ホンイツ・ドラの満貫のアガリ。
既に親番がなく点棒も少ない小池が三色のイーシャンテンからドラのを勝負したのだがアウト。
秋山もすんなりアガれると思っていなかっただけに嬉しいアガリである。

激痛の放銃をした小池だが、優勝を諦めないためにオーラスは自分でアガリ切り、秋山のトップは辛うじて阻止。優勝への望みを繋ぐ。

秋山が有利な状態で残り2回戦。優勝は誰の手に!


PAGE TOP