第20期雀竜位決定戦観戦記 1日目

1日目2日目最終日
1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦

第20期雀竜位決定戦観戦記
1日目 3回戦

【担当記者:田籠謙介】

2時間を越える長丁場となった激戦を終えて迎えた3回戦。
まだ初日と言えども、このまま突き放されたくない秋山の奮闘がこの半荘の見どころだろうか。

東1局、開始早々秋山にドラ3の手が入るもツモ順に悩まされながらテンパイのまま流局。

東2局1本場、親番の吉田が7巡目に先制リーチの中、供託2本もあり早々にアガりたい秋山が仕掛けてテンパイするもそのテンパイ打牌が吉田に掴まり2900は3200。

打点こそは低いものの、吉田のリーチ後にアタり牌のを掴まされるあたり未だ秋山に復調の兆しが見えない。 だがめげない秋山は次局、5巡目に形の悪いペンをチーして1000は1600の出アガリ。

東2局2本場 7巡目 南家 秋山
ロン  ドラ

愚形を処理して好形のターツのみ残していく進め方に秋山の手牌進行の巧さが伺える。

東3局、小池がテンパイするも、富永と秋山がピンズの染め手気配の仕掛けが入っており、場にピンズが一枚も見えていない状態。

東3局 7巡目 西家 小池
 ドラ

ヤミテンに構え、次巡を引き入れ待ちでリーチ。
このリーチに対しピンズの染め手で進めていた秋山が安牌に窮して掴んだにて小池へ1300の放銃。

東4局、富永がマンズ、小池がピンズ、吉田がソーズと綺麗に染め色が別れた対決。
勝負の結果は親番の富永が吉田より5800を出アガリ。

東4局1本場は秋山がドラ単騎のチートイツのリーチ、3100/6100をツモりあげる。
イマイチ展開に恵まれなかった秋山にチャンスが訪れた。

南1局、小池と吉田がピンズのターツを1フーロする中、巡目が深くなったところで富永がリーチ。

南1局 11巡目 北家 富永
 ドラ

吉田はともかく、小池はドラが雀頭、南場の親番かつ3着目とどうしてもアガりたい局面。 富永のリーチ後をポンして進めていたが、を掴んだところで現物の切りを選択。

そのまま流局して富永の一人テンパイとなる訳だが、この状況でオリの選択を出来る選手がどの位いるのだろうか。
解説の木原は小池の事を積極的に参加するタイプと評していた。
決勝戦の舞台で進化したのか、まだ見せていないポテンシャルを出してきたのか、何とも底知れない選手に感じた。

南2局1本場、親番の吉田がドラ単騎のリーチ。

南2局1本場 11巡目 東家 吉田
 ドラ

ここは仕掛けていた小池が押し切り300/500は400/600をツモ。

やはり解説の木原が小池を評価する内容に間違いは無いように見える。
今後もどのような引き出しを見せるか注目の選手である。

オーラスは親番の富永が粘ったものの、最後は秋山がアガりトップ目を守り切った。

この3回戦では小池のポテンシャルの高い麻雀センスに驚かされたが、それ以上に吉田が終始笑顔で決勝戦を楽しんで対局していたのがほっこりポイントであった。(*´ω`*)


PAGE TOP