第21期雀王決定戦観戦記 2日目

1日目2日目3日目最終日
6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦

第21期雀王決定戦観戦記
2日目 10回戦

【担当記者:小川裕之】

10回戦(渋川-松本-浅井-仲林)

仲林は怒っていた。
ここまで4-3-3-4着という成績に加え、対外試合での成績も芳しくない。
だが、決して内容が悪いわけではなくむしろ素晴しい。

そして本日の最終ゲームは松本の先制リーチで始まった。
受け気味の手牌進行であったがうまく七対子に仕上げた。

次巡に追いついたのは、怒っているはずの仲林。
怒っているから当然のリーチ!
ではなく松本の現物待ちということもあり、冷静なヤミテンを選択。

これを浅井から出和了して先制に成功する。

大きく動いたのは東3局、親番の浅井に楽しみな配牌が入る。

これをわずか4巡で仕上げてリーチ。

松本から一発での出和了となり大きな18000。

しかし一本場では打点を見ながらテンパイ外しを繰り返していた仲林が理想的なテンパイでリーチ。

これを高めでツモ和了、浅井を再逆転。

続く東4局仲林の親番は浅井が700/1300で再再逆転。
現在ポイント的に沈んでいる仲林と浅井の、トップへの執念がぶつかり合ってシーソーゲームの展開になっている。

南1局親の渋川が仕掛けて1500のテンパイ。
そこに襲い掛かる仲林と浅井。

まずは先攻の仲林。
カンチャンではあるが、親リーチも来ない状況であり当然のリーチといく。

後攻は浅井。
渋川の加カンにより新ドラが2枚乗って一気に勝負手となった。
仲林への放銃はなく、頭はねができる分有利か!?

軍配は、、、
浅井が高めをツモってシーソーゲームは幕を閉じた。

オーラス仲林が粘るも、渋川が素点回復の8000を和了し決定戦二日目の激闘を終わらせた。

最終戦のトップで浅井がトータル首位に返り咲き。
浅井、松本、渋川の3人がプラス、仲林の一人沈みとなったがまだ200ポイントも離れていない。

3日目以降はポイント状況に応じた戦略も出てくる。
まだまだ目が離せない勝負になるだろう。

雀王になるのは誰だ!?

PAGE TOP