第20期雀王決定戦観戦記 2日目

1日目2日目3日目最終日
6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦

第20期雀王決定戦観戦記
2日目 9回戦

【担当記者:冨本智美】

本日ここまで小川・渋川・仲林が1回ずつトップを取っている一方、現雀王矢島がなんと3連続ラスという厳しい戦いを強いられる展開となった。
しかし、ポイント的には苦しいが良い麻雀は打てていると言っていた矢島。
ここから巻き返しなるか。

東1局
仲林がを仕掛けてピンズのホンイツに向かう。
そこに小川が門前で聴牌を入れる。
仕掛けで注目を集めている仲林の現物の待ちだが、ここは打点上昇を求めてリーチといく。

しかし、仲林もツモで聴牌。

 ツモ 

待ち取り選択は打のペンとした。
は山には残り1枚だったが、これをすぐツモり2000/4000。

東2局1本場
北家の矢島が親の第1打のからポン、すぐに出るもポン。
少し遠いがトイトイやドラドラのアガリを見据えて仕掛けていく。
をチーして狙いの1つであったドラの単騎聴牌を入れる。

面子手でアガリも見えそうだった小川だが仕掛けに対応、ドラを切らずに手を進められるトイツ手に向かう。
終盤を重ねて七対子の聴牌を入れると、すぐにツモアガり2000/4000。

東4局
最初に仕掛けたのは仲林。
仕上がれば高打点のソーズの清一色に向かう。

順調にソーズを引き入れ、とポンできチンイツ聴牌。
そこに待ったをかけたのは矢島。

仲林が一発で持ってきたのはドラの
少考したものの、これを勝負!

しかしこの勝負は矢島に軍配、仲林がを掴み2600の放銃。

南1局1本場
矢島がを仕掛けて聴牌。

しかし、ここまで我慢を重ねてきた渋川からリーチが入る。

トータルポイントを考えると少しでもこの親で加点したい矢島だったが、ここは丁寧にオリを選択。
渋川が安めのをツモって700/1300は800/1400。

南3局1本場
親の渋川の先制リーチ。
入り目こそタンヤオも三色もつかないではあったが、平和ドラ1の勝負手だ。

ここに追いついた矢島が追いかけリーチ!

矢島のリーチ宣言牌のをチーすると仲林もタンヤオドラ2の聴牌がとれる。

アガリの価値が大きいと踏んだ仲林、チーをして2人に無筋のを勝負するが矢島からロンの声。3900は4200のアガリとなった。

南4局
最初に聴牌を入れたのは矢島。
満貫ツモでトップだが、トップになるには待ちも悪く満貫も確定していないタンヤオのカンチャン聴牌。
しかし手替わりを待つ時間はないと即リーチに踏み切る。

追いついたのは跳満ツモで大逆転となる仲林、ドラ単騎の七対子で追っかけリーチ!

更に仲林のリーチ宣言牌のをポンした渋川にも聴牌が入る。

三者の戦い、麻雀の神様が微笑んだのは矢島!

大きい大きい裏ドラ1枚を乗せ満貫。
苦しい展開が続いた矢島だったが、このトップで少しやわらかい表情に戻ったように見えた。


PAGE TOP