トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:千貫陽祐】

14回戦(佐月-逢川-大島-澄川)

残すは2戦。最終戦の戦い方が決まる重要な一戦である。

東2局2本場、2回の流局と重い展開だったが、ついに場が動き出す。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その1

大島に超大物手の予感がする手牌、MAX字一色まで見える。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その2

が2枚切れになったこともあり、チーして満貫のテンパイを取る。
2枚切れのが余っただけの捨牌、まだロンとは言われないだろうと切った牌に声がかかる…放銃者は佐月。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その3

2役ホンイツの8000は8600。トータルトップの佐月の放銃により並びができ、追う側は俄然やる気が出てくる。

しかし佐月もそう簡単には譲れない。
リーチ・ピンフ・ツモ・ドラの1300/2600で早くも傷を癒す。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その4

東4局、ここまで我慢の時間が続いていた逢川にドラドラのチャンス手が入る。
-が薄くなってきたこともありチー、ドラのの片アガリだがれっきとした満貫のテンパイ。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その5

トップ目の大島がリーチ。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その6

しかし軍配は逢川に!大島がを掴み8000の放銃。

  ロン    ドラ

これにより全員が2万点台で南場へと入る。
南2局1本場、北家の佐月に配牌でドラ3のチャンス手が。

  ドラ

三色は崩れたものの、先手でのドラ3リーチ。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その9

優勝のために2連勝が必須条件の澄川、渾身のリーチで追っかける。
これを見事ツモりあげ、2000/4000と意地を見せる

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その11

南3局、優勝のためにはまだアガリを重ねなければいけない澄川が再びリーチ。

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その12

そこに追いつく逢川。奇しくも待ちは同じ-

第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その13

ここを制したのは…


第19期女流雀王決定戦3日目14回戦その14

逢川だ。をツモると裏ドラも2枚、大きな大きな2000/4000。

オーラスも逢川が素晴らしい手順でアガりきりトップを奪取。
逢川がトータルトップで最終戦を迎えることとなった。

澄川はかなり苦しい条件となってしまったが、佐月・大島は自身のトップ+逢川を3着以下に沈められれば十分に優勝が狙える。
最終戦、どんなドラマが待っているのだろうか…


第19期女流雀王決定戦14回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー