トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:五十嵐毅】

13回戦(大島-逢川-佐月-澄川)

東1局、起家の大島がまとめやすい手をもらい4000オールのアガリで好スタートを切る。

  ツモ  ドラ 裏ドラ

しかしこの後、佐月が怒涛の3連続ホーラ。
東1局1本場はリーチツモタンヤオの1000/2000。
東2局は以下の形から4巡目に出たをポン。

  ドラ

すでにが2枚切れなので、ホンイツよりトイトイに向かう。
さらにも鳴け、のシャンポンテンパイ。
これは山に3枚残っている絶テンだったが、唯一手牌に使われていた澄川からが打ち出された。

  ロン     ドラ

東3局の親番ではホンイツテンパイ。

     ドラ

2900の手だったが、終盤にツモ打でシャンポンにした直後、ラス牌のをツモって4000オール。あっさりと大島をまくった。

第19期女流雀王決定戦3日目13回戦その1

南1局ではピンズが安いこともあり、手替わりを待たずに打で即リーチ。

  ツモ  ドラ

裏ドラも乗らず1300だが、ライバルの大島の親を落とす。

ラス前、佐月の親番。
点棒状況は佐月44600、大島32800、逢川・澄川ともに11300。
逢川が自風のをポン、明確にピンズのホンイツでタンキ待ちのテンパイ。
これに飛び込んだのは親の佐月。自分で切っている1枚切れのを掴んだ佐月、一旦は耐えるも打点の見えるイーシャンテンになったところでを切り逢川への放銃となる。

第19期女流雀王決定戦3日目13回戦その2

この半荘終了後「あんな打つ人いる〜?」と言っていた佐月だが、深刻な顔ではなく笑顔であった。
大島の仕掛けならばオリていたはずだが、逢川にならば満貫を打ってもまだトップである。
勇み足というよりは佐月らしい積極策ではあったが、大島にしてみれば3800差に下りてきたくれたわけで、やる気の出るオーラスなのだが、手材料が入らない。
逢川はハネ満ツモ以上でないと着アップがない。
あとは親番の澄川だが、10巡目に待望のテンパイ。しかしリーチ打牌のは、たった今テンパイを入れた佐月のロン牌だった。

第19期女流雀王決定戦3日目13回戦その3

佐月、前日から続いていた4連続ラスからの復活を6回目のトップで飾った。


第19期女流雀王決定戦13回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー