トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:渋川難波】

決定戦も佳境に差し掛かってきた10回戦目。
首位は佐月だが、まだまだ誰が優勝してもおかしくないポイント状況である。
ただ澄川だけは未だにトップが一度もない。何とか耐えてはいるものの、優勝を目指すためにもこの辺りでトップが欲しいところだろう。

東1局、先制したのはその澄川。
親番で平和をリーチ、大島の追いかけリーチを受けたものの無事ツモ。裏ドラも一枚乗って2600オール。
今度こそこのまま逃げ切りたいところだろう。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その1


しかし何度も言うように、決定戦はそんな甘いものではない。
東2局、親の逢川に以下の配牌。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その2

佐月の第1打のを元気良くポンして索子の染めに一直線とすると、これが見事にハマりチンイツの4000オールとなりあっさり澄川を逆転。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その3


東2局2本場、トータルトップ目の佐月も黙っていない。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その4

テンパイしたががフリテンとなっている。しかも澄川がポン、ポン、カンチーとピンズの混一色気配濃厚。
弱気になるとダマテンになりそうなところを、力強くを切ってフリテンリーチ。
見事一発でをツモ、2000/4000は2200/4200のアガリで一気に原点に復帰する。

南1局2本場、どうしてもトップの取りたい澄川。
イーシャンテンからこのに反応よくポンの声をかける。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その5

がもう無いのを見てしっかり準備していた。
この後も鳴け、見事トイトイのテンパイ。
しかし、ここで佐月にも超弩級のテンパイが入る。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その6

これを力強くリーチ、澄川とのめくりあいとなる。
どちらも絶対に負けられないこの戦い、勝ったのは…

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その7

澄川。2600は2800オールで、頭ひとつ抜け出した。
佐月をラスに沈めているので、このまま終わると最高の並びとなる。
しかし次局、逢川が大島から8000は8900をアガり、あっという間に澄川に並んだ。

南2局、をポンした大島がここでテンパイ。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その8

を切れば6400のテンパイという珍しい形である。
しかし大島は…

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その9

ノータイムでテンパイを崩した!
ここで6400をアガってもまだまだトップは遠い。ならば大三元、最低でも小三元にして一気にトップを狙おうという一打である。
結果は佐月に2600の放銃となってしまってが、大島の思い切りの良さと強い気持ちが見れた1局だった。

迎えたオーラス。
トップ逢川と2着澄川の差はわずか300点。そして3着大島と4着佐月の差もわずか3300点と、上も下も大接戦である。
まずは澄川がポン、ポンと積極的に攻め、最後にこのチーでテンパイを入れる。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その10

大島から出ると佐月と順位が入れ替わってしまうが、そんなことを言ってる場合ではないだろう。
ずっとずっと届かなかった初トップまであと一息。その2巡後、ツモの声が響き渡る。

第19期女流雀王決定戦2日目10回戦その11

その声の主は、逢川だった。
澄川の望みを打ち砕き、トータルで一気に佐月へと迫る大きな大きなアガリ。3連覇への視界が大きく開けた。

ちなみに、このヤミテンについて逢川は後にこう語っていた。
「この時はどうかしてました。慌ててツモ切りリーチしようとしたらツモりました。ラッキーでした。」
見栄を張らず堂々とこう言えるのが逢川の強さなのであろう。
残るは泣いても笑っても残り5半荘。どのような結果になるのか、1ファンのような気持ちで見届けたいと思う。


第19期女流雀王決定戦8回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー