トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:千貫陽祐】

5回戦(逢川-大島-澄川-佐月)

開局抜け出したのは逢川、ダブ東ドラ1の5800。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その1

東2局2本場にはメンホン七対子ドラドラの12000は12600。
親でリーチを打っていた大島、痛恨の放銃。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その2

その逢川の独走を止めたのはトータル首位の佐月。高打点が狙える配牌を活かし、満貫のテンパイ。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その4

逢川もホンイツで仕掛け返すが、テンパイにより押し出されたドラで放銃。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その5

次局も親の佐月と逢川のテンパイがぶつかり、ここも佐月が逢川から3900の出アガリ。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その6

南1局1本場、トータルポイント的にも点数を稼ぎたい大島と澄川。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その7

手変わりを待っていたところに4枚目の
長考の末カン、カンドラは
嶺上牌をツモ切りリーチを宣言。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その8

それを受けた澄川、をポンしているタンヤオ三色の仕掛けに3枚目のドラをツモってくる。
カン待ちの苦しさ・ドラのが出ていく可能性・着順ダウン等を考慮し、慎重にオリることを選択。
大島は最終手出しから手出しが無く、長考後の暗カン→ツモ切りリーチだったので愚形待ちの可能性は高い。
自身のトータルポイントを考え、優勝を目指すためには勝負して良かったように見えた。

オーラスを迎えて以下の持ち点。
東家 佐月40000
南家 逢川27400
西家 大島3500
北家 澄川29100

佐月はこのままの並びで終わらせたいところ、手牌次第では守備気味にいく予定だったであろう。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その9

自風のドラをアンコにし、当然のカンチー。
他家にとっては恐怖以外の何物でもない。
さらなる加点かと思われたが、これ以上の失点を防ぐべく大島が素点回復のアガリをし、5回戦目の幕が閉じた。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦その10

トータル上位の佐月・逢川は伸び伸びと打ち、下位の澄川・大島は守備的手順が多かった印象である。
残りはまだ10半荘、激動の2020年を締める戦いはまだまだ続く。

第19期女流雀王決定戦1日目5回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー