トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:渋川難波】

東1局1本場、前局に2000オールをツモった澄川が1巡目からダブの仕掛け。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その1

ここから切り、打点を見ながらプレッシャーをかけていく。
「ダブポンの親には逆らうな」は競技麻雀の常識だ。
しかしそのプレッシャーに負けなかったのが大島。
ここから元気にを鳴いて戦いを挑む。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その2

するとすぐにテンパイし、時間はかかったものの見事ツモ。
トイトイに三暗刻もついてマンガンの和了となった。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その3

先は長いとはいえすでにマイナス90オーバーの大島にとって、ここでのトップは非常に大きい。
まずはホッとしたことだろう。

大島は迎えた親番でも6000オールをツモ和了、これで大きく抜け出すこととなった。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その4

弱気にダマにしていると4000オールだったので、ここまでは積極策がかなり功を奏している。
さらに東3局3本場、仕掛けてマンガンの手を上手くリーチの現物に待ち変えし佐月から出和了。
一気に6万点近くまで駆け上がる。
佐月は一巡早く切れていれば間に合っていただけに悔しい放銃となった。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その5

大島からすれば後は局を消化して逃げ切るだけなのだが、そううまくはいかないのが決定戦の怖さ。
南1局、澄川の親番。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その6

良い手なのだが、よく見ると前巡のを鳴いていない。
目先の1500や2900よりも大きな手を狙ったスルーだ。
これが見事ハマり、ドラ→ドラと引いて2000オールのツモ和了となった。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その7

すると次局は5800の1本場を大島から直撃。
さらにその次局はリーチツモドラ裏でなんとトップの大島に700点差まで詰め寄った。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その8

大島からすればあのリードが一瞬で詰められ、たまったものではないだろう。
そして南3局、ここまで我慢し続けていた逢川の反撃が始まる。
まずはタンピンドラドラを冷静にヤミテン、澄川から12000を直撃。
点棒が無いのでリーチしたくなるところをグッと堪えたのが生きた。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その9

さらに1本場もメンタンピンツモドラのマンガンをツモ和了、一気に澄川を抜き去り大島の背中を視界に捉えた。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その10

2本場はついに佐月のターン。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その11

この手からを鳴き、素直に和了に行くかと思いきや打でホンイツを狙って大きくいく。
するとそれが見事にハマりマンガンのツモ和了、マイナスから地上へと復帰する。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その12

そして迎えたオーラス佐月の親番。
リーチドラ1、メンタンピンと2局連続で澄川から出和了。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その13

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦その14

3着目の澄川に100点差まで迫るも、2本場は逢川が2着確定の和了でフィニッシュ。
終わってみれば大島がリードを守り切った形だが、一瞬たりとも息つく暇が無かったことだろう。
4者ともに持ち味を存分に出し尽くした素晴らしい一戦だった。
ここからの各選手の戦いから目が離せない。

第19期女流雀王決定戦1日目4回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー