トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:冨本智美】

佐月の連勝でスタートした第19期女流雀王決定戦。
3回戦も佐月のアガリから始まる形でスタートとなった。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その1

さほど大物手ではなかったものの、ポイントを大きくリードしている佐月の和了は三者にプレッシャーを与えるには十分だろう。

東2局、北家の逢川は2巡目にカンからチー。
のバック仕掛けかと思いきやをポンして萬子のホンイツに向かう。
仕掛け始めの思い切りの良さと打点を見ての軌道修正、逢川らしい仕掛けである。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その2

しかし本手を入れたのは澄川、6巡目にリーチ。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その3

親で好形の一向聴だった大島からをとらえて8000のアガリ。

東4局、親の佐月にオバケ配牌が入る。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その4

8巡目にようやく聴牌、を縦に置く。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その5

飛び込んだら12000の強烈な黙聴だ。
しかしこの局は意外な展開となる。
南家の逢川、10巡目に以下の手牌。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その6

789の三色も見えるためは暗槓せずに打
そして次巡、狙い通りを引き入れてリーチ。
そしてを一発ツモ。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その7

佐月の決定打を潰した上での自身の大きなアガリ。

南3局、ラス目で打点の欲しい大島がドラ色の萬子のホンイツに向かう。
逢川はを仕掛け、ドラのも切り飛ばしてカンの聴牌。
そこに佐月からリーチが入る。
仕掛けとリーチに挟まれた大島もこの形にたどり着く。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦その8

を切れば一向聴だが、悩んだ末にの対子に手をかける。
しかし次巡のツモでテンパイ逃し。
さらにリーチ者の佐月がをツモ切り、結果的にアガリ逃しの形になってしまう。
東2局で澄川に打ったでのメンホンの印象を引きずってしまったのだろうか…
対局後の控室で本人もこの局を反省していた。
これをバネに次の半荘からはしっかりファイティングポーズをとって戦っていくことだろう。

3回戦はサボることなく局面をリードしていった逢川が初トップ。
連勝スタートの佐月は3着となった。
まだまだ先は長い戦い、今後の展開が楽しみだ。

第19期女流雀王決定戦1日目3回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー