トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
MJ参戦スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

【大会レポート】

みなさんこんにちは。
日本プロ麻雀協会第8期後期入会の田内翼です。
12月5日に行われた第1回ウェスタン・オープンのレポートを担当させていただきます。

このウェスタン・オープンは、関西では初のプロ・アマ交流イベントです。
第1部はプロとファンとの真剣勝負!!
(現在主流の赤ありルールで4回戦でのトータルポイントで競う大会)

第2部はプロとファンの交流会(フリー対局やトーク、何切る大会など)
といった2部構成で開催されました。

ゲストに第9期雀王の鈴木たろうプロと
第7期雀竜位の福田聡プロを招き、
総勢60名で行われました。

開始前のゲスト2名に意気込みを伺ったところ…

たろうプロ『せっかく関西まで来たのでいいところを見せられるように頑張ります!』

福田プロ『たろうさんよりいい結果を残します!』

たろうプロ『僕より上ということは0位じゃないと無理だよ』

開始前からやる気満々の両ゲスト。

 

3回戦終了時点でのポイントは、
暫定トップが奥田プロの+191.2P。
以下福田プロ+182.2P、北野さん+160.9 Pといった並び。
優勝争いはほぼこの3名に絞られました。

北野さんは最終戦ラスを引いてしまい脱落。
先にトップで終え、4連勝で締めた福田プロは別卓の奥田プロの結果待ち。
その奥田プロ、オーラスまでトップ目も惜しくも捲くられ優勝は福田プロ!!

福田プロの優勝コメント
『1回戦開始直後は出来が悪かったけども、
親で形テンがとれ、次局の12000に繋がりなんとかトップがとれました。
そこからは順調に勝ちきることができました。

惜しくも準優勝に終わった奥田プロ
『新人王に続きまた2位。ゲストの顔を立てときました。いや、まじで!』

 

第2部の交流会では、フリー対局が9卓も立つ盛況っぷり!!
関西の麻雀ファンの熱意が伝わってきました。

その後行われた何切る大会は、
ゲスト2名の選択を予想していただき、各問の正解者に協会グッズが進呈されるというもの。
【問題1】 ドラ

【問題2】 ドラ

例えば問題1では福田プロの選択はで、
問題2でのたろうプロの選択はでした。
もちろん両プロのわかりやすい解説も聞くことができました。

ちなみに下の牌姿は私の当日の実戦譜で、
私は打とし(今考えると打が正着打だと思うのですが)、
以降、ツモ→打、ツモ→打、ツモ→打リーチ
 リーチロン ドラ 裏ドラ
の3900出アガりとなりました。

第1部、2部を終えてたろうプロに感想を伺ってみたところ、
『関西の方は麻雀に熱心で、ノリがいい。1部の麻雀大会ではポイントがプラスで終われてよかった。また是非関西へ来たい。』
とのことでした。

1部の優勝は福田プロでしたが、たろうプロも存分に持ち味を見せてくれました。
ファンの方々だけではなく我々若手プロにとっても、団体トップの麻雀を見れていい経験になりました。

最後に関西本部長・一北寛人プロのコメントです。
『関西本部が設立された際の目標の一つがようやく実現された。
プロはファンがついてこそプロであり、リーグ戦や大会でただただ麻雀を打っているだけでは、サークル活動と何ら変わりはない。
老若男女、麻雀を打つ多くの人達に自分達の活動を知ってもらい、そして興味をもってもらう。
そのための活動を我々は為さねばならない。
今回ようやくその第一歩を踏み出せたのである。
今はまだ小さな一歩のように見えるかもしれない。
ただこの一歩の価値を大きなものにできるかどうかは我々の今後にかかっているのではないだろうか。
近い将来、あの一歩は非常に意義があったと言われるよう努力を続けていきたい。』

次回開催日は未定ですが(来年5〜6月に開催予定)
「第2回ウェスタン・オープン」で皆様の参加をお待ちしております。

今回は第1回ウェスタン・オープンのレポートにお付き合いありがとうございました。

 

文:田内 翼      

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。 (c)2001-2014 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー