トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

≪大会レポート≫

今年度から協会関西プロアマシリーズとして開催され、今回はその最終戦となる第4戦の模様をお伝えしようと思います!

これまで、3回は決勝の様子を中心にお伝えしてきましたが、今回はなんと選手として参加の私も決勝へ進出し、残念?なことに決勝のレポートを熱く書けるポイント状況ではなかったので、微かな記憶を頼りに自戦記という形で進めさせていただきます。

大会形式の最大6半荘となると、優勝への条件としてトップは4回以上欲しいところ。

1回戦目を3着で終えると、優勝のためには是が非でもトップが欲しい2回戦目。
南3局をトップ目で迎え、いい感じのリードを持った状況だったが、ラス目からツモ切りリーチが入る。
このタイミングが非常に絶妙で、安牌が少ない。ドラも場にすべて見えていて、タンピン系であれば即リーチと来る可能性が高いため、愚形や手役を警戒するとますます分からない。

手役に絡まなさそうで見逃しがなければ、両面には当たらない牌をそっと切ると「ロン」の声、開かれた手牌を見て、リーチのみか・・・。と、ホッとしたのも束の間の裏が3枚の満貫放銃となる。

オーラスは僅差のトップ目で迎えることと相成る。
一段目から下家の仕掛けとリーチに挟まれ、絶望的な状況だが私もテンパイ!見るからに危険ですよという、2軒ド無筋の5枚持ちのスジを掴むもここで降りてのトップの可能性と天秤にかけると、通ることをお祈りする方がまだマシだ。幸運にも通った後にリーチ者が私の当たり牌を掴んでトップを取る。

3回戦、目下好調の原田と同卓、5万点オーバーのトップを奪取されるも、なんとか2着をキープして6位でベスト16へ進む。

4回戦、順調にトップ目で進行中に事件は起きた・・・。ホンイツか、国士か、チャンタか、だいたいオリることになりそうな牌姿だなぁと思いながら2巡目にはの対子落としを選択。より安全にアガるなら高い手だけに照準を合わせて、3巡目にもを予定通りに切ったら、「ロン」の声。
仕掛けもリーチもないこの序盤ですよ?空耳かと思ったが、ラス目の上家の手が開かれると、きれいに整ったタンピン三色ドラドラの跳満・・・。
一気にラスに落とされ、絶望的だったが、辛くも8位でベスト8進出!そして暫定首位の原田は、なんとまた5万点オーバーのトップではないか・・・。

5回戦、トップしか先へは進めない。それもできるだけ大きなトップを・・・、必死に押して押して、5万点オーバーのトップを取ってトータルは67.1ポイントとして決勝進出を決めた!

隣の卓で打っている首位独走中の原田を見てみると、なんとなんと67700点のトップを取っているじゃないか・・・。

ポイントを確認してみると、決勝は原田に最も近い堀中さんでさえ、171.3ポイントの差(91400点差のトップラス条件)。3番手小南、4番手の私に現実的な条件はほぼ残っていないと言えるだろう。

最後の半荘が始まり、淡々と局が進み、原田がオーラスの親番、堀中さんの役満直撃条件だけを阻止するために、河に並べる18枚を石橋を叩くように慎重に選んで、静かに終幕した。

関西プロアマ史上に残る原田の圧逃劇であった。

次回は3月にプロアマシリーズで活躍した16名が集うグランドチャンピオン大会!!
乞うご期待!!
                                                                        (文 新田友一)

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー