トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西協会プロアマシリーズ
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ



【1日目観戦記】1回戦2回戦3回戦4回戦5回戦
【2日目観戦記】6回戦7回戦8回戦9回戦10回戦
【3日目観戦記】11回戦12回戦13回戦14回戦15回戦

【担当記者:武中進】

6回戦(大島-佐月-澄川-逢川)

いきなり手牌にめぐまれたのはトータルトップ目の佐月。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その1

ドラが1枚ある十分形だが、ここから打でマンズの染め手を狙う。
直後に出たを躊躇なくポン、続けて出たもポンして聴牌。
直後に切られたにて3900和了でスタート。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その2

マンズを引けば跳満以上が確定するこの形、この巡目ならまだ見逃しも考えられたがのポンで横伸びを限定された形。
佐月はまずは無難な和了を選択。

一方でこれに飛び込んでしまったのは澄川、なんとか打開の道を見つけたいところ。
東3局の親番で大島の先制リーチを受けた直後にテンパイ。
しかしリーチ宣言牌で大島に一発放銃、裏も2枚のって満貫の放銃となってしまった。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その3

この後も恵まれなかった澄川、2日目の初戦となるこの半荘もラスと苦しい立ち上がりになった。

さて、佐月を追いかける立場で迎えた現女流雀王の逢川、東2局で以下の形。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その4

ソーズの3面待ちを生かすためにピンズ、マンズのどちらのターツを落とすか?
もしくは受け入れMAXとするためにドラのをここで切るか?
しかし彼女の選択は予想外の打
ソーズが他家に持たれているとの判断か、これがうまくハマり最速で2000/4000の和了に。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その5

そして迎えた東4局親番での配牌。

  ドラ

決して良いとは言えないこの手牌をじっくりと育てあげ、終盤にツモ和了。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その6

佐月の先制リーチをかいくぐって値千金の6000オール。
更なる加点で大量リードを得る。

このまま引き下がっていられるかと、南1局4本場親番の大島。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その7

即リーチかと思いきや打で聴牌外し。
この巡目ならばととさらなる高みを狙いに行く。
結果として8巡目にツモり三暗刻の形でリーチすると、終盤にツモり4000は4400オールの和了。
逢川に約8000点差まで迫る。

第19期女流雀王決定戦2日目6回戦その8

しかし大島の反撃もここまで。
ここからは逢川の慎重なゲーム回しに加え展開も味方せず、逢川-大島-佐月-澄川の着順で終了となった。

逢川が最高の立ち上がりで佐月にほぼ並び、首位争いが熾烈になってきた。
大島もトップこそ譲ったが、トータルポイントでは首位との差を詰める事になり、まずまずの立ち上がりといえるだろう。
一方でとにかく苦しかった澄川、終盤では判断に迷いが出ている局面も多く見られた。
なんとか気持ちを立て直し7回戦での挽回をしてほしいところである。

第19期女流雀王決定戦6回戦終了時スコア

▲このページのトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー