トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

第17期雀竜位戦ポイント   |A級|B級C級D級D級予選

雀王戦とは異なり、1年間かけて競われるランキング制のタイトル戦。
C級予選から始まり、C級・B級・A級と勝ち進み、
A級終了時、上位3名が決定戦に進出。前年度雀竜位を交え決定戦が行われる。

第1期雀竜位 鍛冶田 良一
第2期雀竜位 鍛冶田 良一
第3期雀竜位 小倉 孝
第4期雀竜位 小倉 孝
第5期雀竜位 石野 豊   →第5期雀竜位決定戦観戦記
第6期雀竜位 吉田 基成 →第6期雀竜位決定戦観戦記
第7期雀竜位 福田 聡   →第7期雀竜位決定戦観戦記
第8期雀竜位 伊達 直樹 →第8期雀竜位決定戦観戦記
第9期雀竜位 内海 元   →第9期雀竜位決定戦観戦記
第10期雀竜位 仲林 圭   →第10期雀竜位決定戦観戦記
第11期雀竜位 渋川 難波  →第11期雀竜位決定戦観戦記
第12期雀竜位 斎藤 俊   →第12期雀竜位決定戦観戦記
第13期雀竜位 武中 進   →第13期雀竜位決定戦観戦記
第14期雀竜位 吉田 基成 →第14期雀竜位決定戦観戦記
第15期雀竜位 江崎 文郎 →第15期雀竜位決定戦観戦記
第16期雀竜位 江崎 文郎 →第16期雀竜位決定戦観戦記

 

 

≪第17期雀竜位決定戦について≫

【日程】
◆日程
1日目…2月2日(土)  ニコニコ生放送 FRESH! (1〜2回戦)
2日目…2月9日(土)  ニコニコ生放送 FRESH! (3〜6回戦)
3日目…2月15日(金) ニコニコ生放送 FRESH! (7〜10回戦)
最終日…2月17日(日) ニコニコ生放送 FRESH! (11〜15回戦)
いずれも11:00よりニコニコ生放送・FRESH!にて配信の予定です。

≪第17期雀竜位決定戦に向けて≫

現雀竜位

江崎 文郎

協会史上初の雀竜三連覇。
新たな歴史を刻みにいく。

入会当時は井の中の蛙だった。
やじ研に導かれ競技ルールの考え方を培って今ここに立っている。
最高のパフォーマンスを目の前で見せつけ勝つことで恩義に報いたい。

A級1位

吉田 航平

史上初・雀竜三連覇の偉業をご期待の皆様、今回は期待に添えない結果となってしまいます。
その偉業が達成されるのは2年後、この私によってです。

誰だお前と思った大半の皆様初めまして!14期後期入会の吉田航平と申します。
プロになって気がつけば4年目、とうとう念願のタイトル戦決勝。私は放送対局も初めてで、以下割愛…

知名度が無いばかりに、「ダークホース」と前向きな形容をしていただいてますが、そう呼ばれるのは今回限りにしたいので……
優勝します!

A級2位

矢島 亨

一番下のD級予選から長い道のりを勝ち上がり辿り着いたこの舞台。
プロ2年目のA級の時に届かなかった決定戦で吉田、坪川、そしてプロになる前から麻雀を教えてきた弟子の江崎を倒して雀竜位になってみせる。
Aリーガーとしてこの三人には負ける訳には行かない。

江崎の三連覇を阻止するのはこの俺だ!

A級3位

坪川 義昭

まさか決定戦に連続で進出できるとは思っていなかったです。
あの日の悔しさは一生忘れないだろうし、今でも夢に出てきます。

5期生にはスターがいました。
追いかけてきた背中、次こそは追い抜いてみせますよ。
そして私がスターになってみせます。

CHANGE the WORLD
絶対に世界変えるんだ。

■インタビュー動画



A級は、16名によって1日6半荘の3日、計18半荘(1節3半荘)で争われ、
上位3名が決定戦に進出、下位8名が降級となる。

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー