【第10節】(寸評・五十嵐 毅)

最終節、会場にいた私には決定戦進出3名が誰になるかには興味がなかった。
すでに鈴木たろう、金太賢、田内翼でほぼ決まりだったからだ。

注目は降級下位3名のほうだった。
田幸浩、鈴木達也が助かることは難しいだろうが、3人目はまったくわからない。
僅差の争いの中で誰が助かり、誰が降級を押し付けられるのか?

A卓で、2回戦のオーラス2本場に現状12位の佐久間が意地を見せた。
点棒状況はこう。
たろう 51500
仲林  19100
達也  14900
佐久間 13500
合計が1000点少ないのはラス親のたろうが傍若無人のリーチ棒を出しているからだ。

このとき佐久間はダブをポンしてドラまたぎので張っていた。
たろうのリーチ打牌は。しかし佐久間は3着では不満と見逃している。
下家は仲林なのだ。数巡後、対面の達也も切り。これも見逃す。ツモか仲林からの直撃での2着浮上に賭ける。
だが、仲林もわかっていたようだ。この状況で仕掛けた以上ダブのみの2000点ではない、ドラ1はあるだろうと。
その証拠にオリながらも、を達也の同巡に合わせ打っていない。しかし、最後にリーチに通りそうな牌がなくなり、完全に手詰まった。通るのはのみとなって嫌々ながらもこれが押し出された。佐久間値千金の2ランクアップである。

そして最終戦。抜け番の田幸と達也は降級が確定。
12位は佐久間のままだが、トップさえ取ればB卓の小川、橘、C卓の矢島と入れ替わる可能性が十分ある。
起家の佐久間、
 ドラ
焦ることなくヤミテン。仕掛けが入ってドラのを引くと、これが最終形とばかりに切りリーチ。
をツモり上げて裏も乗せ、8000オールのスタートを切った。
そして素点を減らしながらも望みをつなぐトップをとるのだが、佐久間自身は「満貫かハネ満をもうひとアガリしておきたかった」らしい。その予想が………。

C卓のオーラス。矢島は危険水域のラス目。3着浮上のためには満貫が欲しい。
小室の先制リーチが入り、の高目イーペーコー、他には役もドラもないがリーチ。
安目は当然見逃したあと、2人から追いかけリーチが入り、矢島がツモったのは。リー棒2本のおかげでウラ1で良くなっているが、渋々のツモアガリを宣言すると裏ドラ表示牌には!矢島3着。

B卓は東2局に小川がダブをポン。ドラが2枚で親満は固い。それがすぐが暗刻になり、も暗刻になって予定の倍の値段になった。この24000タンキに、金と5万点差のトップラスを狙うだけの阿賀が飛び込んだ。
これで小川は安泰(と思われた)。

もう一人の対象者・橘は小川より楽なポジションなので、阿賀がほぼラスを引き受ける形になったのは嬉しい。
が、念のために2着にはなっておきたいと、細かなアガリを拾って2着をキープ。
このままで行くと思われた南3局、異変が起こった。
親の橘がこっそりヤミテン。
 ドラ
これに小川が高目の飛び込んでトップが入れ替わる。
これで小川は頭が真っ白になったという。だが、冷静に考えれば、まだ3万点以上持った2着でほぼ安泰。
親満をアガった橘はもうおなか一杯、決定戦進出確定者のラス親・金も無理するはずなく、残り2局はあっさり流れていくはずだ。それなのに次局1本場、小川は焦って仕掛けてしまう。
 チー チー ドラ
これに対抗するように金がカンを仕掛けてイーシャンテン。ドラの後ヅケだが、本気でアガる気ではなかっただろう。親の橘がオリているのでテンパイ料くらいもらっておこうという仕掛けに見えた。ところがこれが瓢箪から駒、を暗刻にして待ちのテンパイが入る。

15巡目、を暗刻にしてテンパイした小川、止めていたはずのを打ち出してしまう。
無理する必要がないポジションの金が一色手に対抗して仕掛けてきた以上、ドラがないわけはないのに………。

この満貫放銃で、小川の採譜係だった浅井堂岐まで頭が真っ白になったらしい。
冷静に残り3巡の捨て牌を真っ白くしてくれていれば、浅井の頭は真っ白にならなかったはずだ。
これで3万点を割った3着。本当にヤバくなった。2着浮上には満貫ツモが条件。
 ドラ
これをリーチして安目のをツモりながらも裏ドラが乗った()のは本当にラッキー以外の何物でもない。

佐久間の「もうひとアガリ」の予想は不幸にも当たってしまった。
屈辱の降級はツカなかったからとしか言いようがない。
このポジションで最終節を迎えたことがすでに実力と言えるのは重々承知でも、最終節だけは悲運だったと言える。
それとも執行部の一員だからだろうか?
(今期、理事執行部中8人が降級、昇級者ナシ)

 

【第9節】(寸評・浅井 堂岐)

オーラス。以下、各家の持ち点。
東家 21000
南家 23500
西家 24900
北家 30600

東家 5巡目
 ツモ ドラ
皆さん、これどうしますか?
どうも何もリーチしかない、という方も多くいるはず。

では鈴木たろうはどんな主張をしたのか見てみよう。

麻雀を打つ人でこの最終形になる人を他に筆者は思いつかない。

たろうのフリテン高め倍満リーチ。
田幸もツモれば倍満。

しかし、この二人を差し置いて木原がトップとなるツモアガリ。

結果たろうはラスになってしまったが、 現在Aリーグ3位の田内も「この局は鳥肌が立った」と言っていたほどだ。

実はたろうは前局にもツモアガリを拒否していた。
南3局 南家・たろう 10巡目
 ツモ→打 ドラ

その牌譜がこちらだ。

400・700では迎える親番で有利になったとはいえないので、この局でたろうがを切るのは予想の範囲内ではある。

しかし、2局連続でツモを拒否する人間を見たのは初めてかもしれない。

結果は をポンしてトイトイ・ツモれば三暗刻のテンパイをいれたが、 ラス目の木原が3000・6000ツモ。

この半荘終了後のたろう。
「いやーやりすぎの虫が騒いじゃったねー。に感触が無くてツモならツモるんだけどきたからさ」

筆者もこの2局が凄すぎて半荘終了後にたろうがラスだったのも忘れ、嬉々として本人と話してしまったのを少し反省している。

この日はたろうが+82.3pで決定戦進出を盤石にし、木原が+190pで決定戦進出への可能性を残した。
また別卓では矢島が3勝で残留争いはさらに混戦となった。

最終節となる雀王戦Aリーグ第10節は9月10日(日)神楽坂「ばかんす」にて11時より。

 

【第8節】(寸評・浅井 堂岐)

麻雀プロ同士の関係性はどのように表現すればいいのだろう。
ライバル?
友人?
どれも少し違う気がする。
誰かが勝ったら嬉しい。
誰かが勝ったら悔しい。

友人のようで決して友人とは言えないような関係。
残念なことにこの関係を適切に表す言葉は筆者の中では見当たらない。

特昇条件を除けば最短でもAリーグまでは6年の歳月を必要とする。
皆が旧知の仲ではあるが、自分が勝つ為には相手を蹴落とさなければならない。

さて第16期雀王戦Aリーグも第8節を迎えた。
ここまで来ると決定戦を目指すもの、残留を目指すものと別れる。

今節は現状2位の鈴木たろうの採譜を行った。

印象的なたろうの選択を紹介したい。

2回戦 東1局0本場
北家・たろう 9巡目
 ツモ ドラ
ここから切り。

2回戦 東3局0本場
南家・たろう 10巡目
 ツモ ドラ
ツモ切り。

良くない手牌の時は最高形だけを残し、下の場合はリーチのみに絶対にしないという選択である。

また別の半荘でのオーラス。タンヤオ仕掛けで二つ鳴いて、
 チー ポン ドラ
このイーシャンテン。

ここに終盤ダマテンを入れてたトップ目のアタリ牌を止めて降りにまわった。
結果はトップ目にツモられトップを許したがこの辺りの胆力も流石であった。

終わってみれば148.4ポイントを積み重ね、首位に浮上。今年もゼウスにとって決定戦進出に死角はないか。

雀王戦Aリーグは残り2節。終盤戦は各々の条件によるいつもと違う選択も見れるので
是非会場に足を運んでみてください。

 

【第7節】(寸評・岩村 政則)

第7節。
この日、麻雀駅伝2017に出場していた、たろう・達也・阿賀(+矢島)が別日対局。

A卓。
橘が、トップ・ラスそれぞれ2回だが、素点を稼ぎ+66.8。
仲林も2トップで+74.9。

別卓のB卓では小室が、初戦7万点越えのトップを取りこの日、+123.2。
後のない小川も今節踏ん張り+88.6.

その代わりに宮崎・佐久間が大きくマイナスを食らってしまった。

この日対局のなかった阿賀・たろうの二人が決定戦進出ボーダーの上で、矢島・達也は降級ボーダーの下。
8月16日(水)に行われるこの4人の対局も重要となってくる。
別日対局の結果は協会Twitterにてお知らせする予定。

次の8節は配信の都合で変則日程となる。
8月6日(日)はA卓のみが配信対局。
A卓…木原・小川・達也・仲林
リンク 「【麻雀】第16期雀王戦Aリーグ 第8節 - 2017/08/06 11:00開始 - ニコニコ生放送

他の2卓は8月11日(金祝)に神楽坂「ばかんす」にて行なわれる。
B卓…橘・田幸・阿賀・たろう・田内
C卓…宮崎・佐久間・金・小室・矢島

 


【第6節】(寸評・岩村 政則)

リーグ戦後半の第6節。A卓は、阿賀・木原・佐久間・小川・達也の5人打ち。

達也抜け番、初戦でのオーラス。
東家・佐久間 37300点 2着目

高め倍満のテンパイ。トップ目は南家・阿賀の42600点。
これは決まったかと思って見ていると、北家・小川(24700点)の切ったに声がかかった。

西家・木原 ▲4600点
 ロン
このアガリで木原が3着へ。小川はまさかのラス落ち。

この日、阿賀が3トップでトータル2位まで浮上。今期絶不調の達也は、5回戦オーラスにラスから3着に浮上するアガリもあったが、トップなしで負債を増やしてしまった。また、別卓の金はこの日プラスで首位を走る。C卓のたろう・宮崎・橘・仲林は別日での開催。

残り4節あるが、決定戦進出ボーダーも降級ボーダーもいまだ流動的。
次の7節は7月30日(日)神楽坂「ばかんす」にて11時より。(※たろう・達也・阿賀・矢島は別日開催)

 

【第5節】(寸評・板倉 浩一)

リーグ戦の折り返し地点となる第5節、この日は配信対局もあり2卓での開催。

採譜卓は田内、田幸、宮崎、矢島、木原の卓で、私は田幸の採譜を担当。
田幸の麻雀スタイルを言うならばメリハリの効いた攻撃形の麻雀。
トップの価値が高い協会ルールでは最も適した打ち方でもある。

そんな田幸の印象的な局面、
オーラスでトップ目の親番中の木原と17500点差で以下の牌姿。

 ドラ
3、4着目との点差も近いのでダマテンでかわして2着キープにする選択肢もあるが、
田幸の選択はを切ってリーチ!
思考としてはツモって裏ドラを乗せればトップ!出上がりでも2着キープで良いのかなという感じ。

しかし同巡にラス目の田内より追っ掛けリーチが入る。
 ドラ
このリーチに田幸が一発で捕まり痛恨のラス落ち。
しかし積極的にトップを狙いに行くという選択肢は本人のスタイルである以上後悔は無いようだ。

この日は木原が3トップで一気に上位に食い込んできた。
今期好調の田内、宮崎もポイントを減らすもののまだまだ決定戦が十分に狙える位置。
矢島、田幸はまずは降級圏内より抜け出したい所だ。

残り5節、決定戦争いもまだまだわからないし残留争いも激化する事は間違い無い。
1節とも目の離せない戦いがまだまだ続く。

 

【第4節】(寸評・市井 悠太)

第4節当日、筆者は採譜係として会場入りしていた。
対局会場に到着するとそこにはゼウスがすでに到着していた。ゼウス・鈴木たろう。説明は不要か。
挨拶を済ませ、雑談をしていると「よし!今日は俺の採譜をして麻雀をみとけ!」と、ありがたいお言葉をいただきここまで好調のたろうの後ろで採譜することが決まった。

2回戦南3局1本場
鈴木たろう 西家 5巡目
 ツモ ドラ
皆さんなら何を切るのだろう?点数状況にもよると思うが、
・35000点のトップ目
・▲5000点のラス目
それぞれどうでしょう?今回は「▲5000点のラス目」という前提で考えていただきたい。
そう、現在たろうは箱下のラス目。1回戦も放銃が続きラス。

そういえば、最初の雑談で「今日、実は少し気がかりなことがあってさ…朝タクシーに乗ろうと止めたら角から出てきたおばさんに頭ハネされちゃってさ…」と、少し元気がなかった。いや、関係ないか。

さて、南3局の答え合わせ。
たろうの選択は打。大三元としぶしぶ、役役ホンイツの両天秤と言っていた。
、1枚すでに切られてるんですけどね…。
結局、大三元はアガれなかったものの、
 ツモ ポン ポン チー ドラ
の満貫をアガっている。ちなみに、
 ツモ ドラ
この牌姿からと落としていく様を見て改めて、「あぁ、たろうの採譜をしているんだな」と少し感動した。
しかし、その後も満貫を一度アガっただけで成績は4着→4着→3着→2着。
1〜3回戦が同じ席で、3回戦目が始まる前に笑いながら牌を凄い勢いで何回も混ぜるお茶目なたろうさん。
画面の中ではわからない息遣いや人となりを見ることができて、負けても改めて凄い人だなと実感した。

次節は6月25日(日)配信対局もあるが、他の卓は「ばかんす」にて対局を行っている。
観戦も自由なので生の対局を見に行くのも別の新たな楽しみがあるのではないだろうか。

糸冬

 

【第2・3節】(寸評・五十嵐 毅)

GW中の連日開催である。
連休中なのはともかく、連日開催の初日は結構緊張するものだ。
ここで勝てば翌日も気分よく戦えるし、大きくマイナスすると翌日会場へ向かう足取りが重くなる。
これは大方の選手がそうではないだろうか。

1回戦、鈴木たろうのB卓を観る。この男が2年連続リーグ戦を戦うのは第9期以来である。
開局早々、西家の小室が3フーロ。
 ポン ポン ポン ドラ
はともかく、ドラのはたろうが鳴かせている。
たろうはカンをチーして明らかな一色手。そして、小室に通っていないをバーン!
「まあ、が早く切れてるし、いまが通ったからね」と思って観ていると、手の内から生牌のが出てきた。
これで間違いなくチンイツのテンパイだろう。
ほどなくツモアガる。
 ツモ チー ドラ

あのう…ホンイツのみ1000オールで勝負したんですか?
「いや、親満のイーシャンテンでの渋々のアガリです。それに小室君のピンズの切り順でシャンポンは否定されていたので、は生牌とはいえ通る牌です」
そうですか。まあ、気分よく打てているようで……と思っていたら、予想を上回る好調ぶりで、この日4戦全部トップをお取りになられました。

一方、A卓では宮崎と田内が好調で、ともにトップ2回、2着2回(田内抜け番の回は橘がトップ)。仲林は3着ばかり。
そして鈴木達也はなんと4ラスであった。かわし手はアガれても勝負手はすべてアガれず、振り込みに回るばかり。
4戦目は東場で早々と点棒を借りた。いつもの達也ならここからでも粘って失点を挽回するのだが、この日は補填した点棒が溶けていくばかりで、4戦目だけでも△84.9pと大きなマイナスとなった。

なお、和歌山県では稲穂を積んだ藁塚をスズキといい、900年くらい前の鈴木真人(まひと)が鈴木姓を名乗った元祖。鎌倉時代、熊野信仰で感銘を受けた人たちが鈴木に改名して全国行脚して鈴木姓が広まり、さらに徳川家康が三河の鈴木一族を従えて東上し、東海、江戸に鈴木姓が増えたそうである。(NHK「日本人のおなまえっ!」より) 

なにがいいたいかというと、全国に175万人もいるんだから、4連勝する鈴木さん、4ラスの鈴木さんがいたっていいじゃないか。

翌日の第3節。B卓、初戦、たろうがトップ。前日から続けて5連勝である。
一方、C卓ではまたも達也が点棒を借りていた。
「今日はこどもの日、5月5日か。5連勝と5連敗の鈴木さんがいたって……」

そう思っていたのだが、達也はここから盛り返し、矢島にラスを押し付けて3着で終わった。
これほど嬉しい3着はあまりないだろう。
達也は結局トップは取れなかったが、2着2回、3着2回と粘って、不調なりにマイナスを極力抑えた。
次節までは間が空くので、この2日間のいやなイメージは払しょくして盛り返してもらいたい。

さて、B卓。たろうがどこまで連勝するのかと思っていたが、その後尻すぼみ。
1・4・2・3着のサイクルヒットでこの日△5.3pで終わった。
この卓の勝ち頭は木原。しかも一人勝ち。
他3人は、仲林3・2・3・2着で△0.4p。金1・4・1・4着で△2.3p。小川4・2・1・4着で△8.2p。
つまり、木原の一人浮きとはいっても、わずか16.2pのプラス(着順は2・3・3・1)で、おめでとうというよりも、お疲れ様が似合いそうな数字であった。実際疲れた表情で、よれよれの足取りで帰って行った・・・。

昨今、引き籠りの木原は、この2日間無精ひげを生やしており、それがまた疲労感をにじませていた。
連日開催はやはり老体には厳しいのだろう。

 

【第1節】(寸評・大浜 岳)

第16期雀王戦Aリーグが開幕した。
今期は14人リーグで上位3名が決定戦進出、下位3名がB1リーグへ降級となる。

さて、現雀王の角谷をはじめ、今期からAリーグに昇級した小室・田内が関西からの参戦となっている。
また、金・小川も出身は関西である。

小室は1半荘目に6万点オーバーの大トップをもぎ取ると、続く2半荘目もトップ。
金も2トップ、田内も初戦トップ、小川も最終戦をトップで締めくくり、まずまずのプラスで1節目を終了した。

今期も日本プロ麻雀協会チャンネルではAリーグ牌譜検討配信を行う予定です。
1節目は5月1日(月)に金太賢を呼んでの検討配信となりますので是非そちらのご視聴も宜しくお願いします。