トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

第7期 雀王決定戦観戦記1


【第7期雀王決定戦ポイント結果】

順位
名前
TOTAL
1日目
2日目
3日目
最終日
1
小倉 孝
188.5
209.2
45.5
50.6
-116.8
2
鈴木 達也
155.3
-39.5
116.9
-99.6
177.5
3
鈴木 たろう
62.4
8.0
-46.7
118.4
-17.3
4
赤坂 げんき
-409.2
-177.7
-115.7
-71.4
-44.4

【3日目観戦記】

1日目観戦記2日目観戦記|3日目観戦記|最終日観戦記


2日目までの成績
小倉 孝   +254.7
鈴木 達也  + 77.4
鈴木 たろう △ 38.7
赤坂 げんき △293.4

11回戦 達也−小倉−たろう−赤坂

東1局、配牌は以下の通り。

東家達也 一萬五萬五萬一筒一筒七筒八筒一索三索五索六索八索九索中 ドラ發
南家小倉 一萬二萬三萬七萬八萬五筒六筒六筒六筒九筒九筒七索發
西家たろう一萬四萬九萬四筒五筒七筒二索三索六索七索八索東中
北家赤坂 二萬二萬三萬五萬九萬一筒四筒八筒一索三索四索五索東

各家字牌が少なく手牌がまとまっている。
東家達也はうまくいけばソウズの一通。
南家小倉は、前半の好調そのままに配牌リャンシャンテン。すでに3メンツが見込め、場合によっては早いドラ切りもあるだろう。
対して北家赤坂は345の三色が見えており、一気に勝負手になるチャンスがある。
西家たろうも不要牌がハッキリとしており、タンピン形の手で進めやすい。
早い段階でぶつかりそうな予感がある。

南家小倉1巡目
一萬二萬三萬七萬八萬五筒六筒六筒六筒九筒九筒七索發 ツモ四萬 ドラ發

まず南家小倉だが、1巡目に四萬をツモって少考する。この手が育つとしたら、ドラの發を重ねるかマンズの一通が出来るぐらいだ。

観戦している人間は常に自分の打牌と照らし合わせるものだ。ここでは一萬五筒九筒七索發以外切るものがないが、

私なら九筒のトイツ落としを選択する。
雀頭はすぐに出来るだろうという目論みと、役無しでドラを切りたくないというのが理由である。

勝負に行くなら發を重ねるか、もしくは一通やメンタンピンを作ってといったところだ。

しかし、小倉の選択は五筒切り。
シャンテン数を落とさない、スピード重視の小倉らしい一打だと思った。
ピンズがほぼツモ切りとなってしまうが、これがどう出るか?
結果として、ピンズの下を1メンツしくることになり、10巡連続のツモ切りとなる。

ツモが良かったのが西家たろう。
四筒六萬八筒六筒と引いてイーシャンテン。5巡目九筒ツモで以下の牌姿となる。

西家たろう5巡目
四萬六萬四筒四筒五筒六筒七筒八筒二索三索六索七索八索 ツモ九筒 ドラ發

スピード重視なら四筒切り、打点重視なら九筒ツモ切りなど考えられるが、たろうが選んだのは打四萬

この後、7巡目に再び九筒ツモで打四筒とする。六萬を12巡目まで引っ張り、七萬八萬を引けば678の三色に行くつもりだったのだろう。
三色をみての六萬残しはたろうらしい一手。

予想に反して、各家ツモがかみ合わず、終盤にテンパイしたのは西家たろうのみ。東家達也から1000点のアガりと静かなスタート。
この静けさが逆に波乱を予感させる。

西家たろう16巡目
三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒二索三索六索七索八索 ロン一索 ドラ發

東2局、北家達也の配牌。

北家達也1巡目
二萬三萬四萬四萬六萬七萬九萬一筒七筒八索九索南白 ドラ西

配牌こそ平凡だが2回のツモ切りを挟み、八萬中一萬中五萬と有効牌を次々に引き寄せ、7巡目でメンホンのイーシャンテン。

北家達也7巡目
一萬二萬三萬四萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬九索中中 ドラ西

次巡に西家赤坂がツモ切った中を仕掛けると、アガり牌の一萬が東家小倉に流れ3900のアガり。
安くはなったが、当面のライバル、小倉から出たのは良しだろう。

ちなみに中を仕掛けなければ、一萬中のシャンポン待ちであるが、中は裏ドラ表示牌に眠っており、一萬が残り1枚のみ。
手変わりが多そうだが、マンズの中ほどはほとんど残っておらず、アガりは厳しかっただろう。

東3局、西家達也がまたしても動く。

2巡目に白、7巡目に一索と叩き、白トイトイのイーシャンテンに。

西家達也8巡目
九萬一筒一筒二筒二筒五筒五筒 ツモ九萬 ポン一索一索一索 ポン白白白 ドラ三萬

ここでは五筒切りを選択。次巡ドラの三萬ツモ、打五筒としたところで、これを咎めるかのように南家赤坂からリーチが入る。

南家赤坂10巡目リーチ
五萬五萬六萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒四筒二索三索四索 ドラ三萬

これを受けて西家達也。ドラを抱えては回らざるを得ない。

西家達也10巡目
三萬九萬九萬一筒一筒二筒二筒 ツモ五萬 ポン一索一索一索 ポン白白白 ドラ三萬

ここか二筒のトイツ落とし。そして12巡目に三萬、15巡目に九萬と引き、高めハネマンにつき五萬を勝負。

西家達也15巡目
三萬三萬五萬九萬九萬 ツモ九萬 ポン一索一索一索 ポン白白白 ドラ三萬

ここは通るが、達也のアガり牌は山に1枚なのに対し、赤坂のアガり牌は何とまだ5枚。

この勝負は達也が安めとなる四萬をつかみ放銃。裏が1枚乗り、赤坂3900のアガりとなる。

南家赤坂17巡目
五萬五萬六萬六萬七萬一筒一筒二筒三筒四筒二索三索四索 リーチロン四萬 ドラ三萬 裏四索


東4局、初日・2日目と散々の結果だった東家赤坂。
原因は極端にアガり回数が少なかったことだろう。小倉やたろうのリーチ攻勢に押されて受けに回らざるを得なかった赤坂だが、
日が変わるだけでこんなにも変わるのかという手が来る。

東家赤坂3巡目
五筒六筒六筒七筒三索五索六索七索八索八索九索東東 ツモ四索 ドラ五索

配牌ダブ東がトイツから、九索四索と引いて3巡目にしてこの形。

七索のペンカン待ちでリーチはないが、ダブ東を生かすことを考えれば、とりあえずの仮テン取りも十分あり得るか?
そう見ていると、赤坂は打八索のテンパイ取らず。

ピンズの引きで値崩れする可能性もあるが、リーチでツモれば、ダブ七索を仕掛けての5800よりは高くなる。
そして2巡ツモ切りの後、6巡目に七筒を入れてのリーチ。

東家赤坂6巡目リーチ
五筒六筒六筒七筒七筒三索四索五索六索七索八索東東 ドラ五索

これに西家小倉が困る。リーチ後、初牌の南一索一筒と通すが、所詮チートイツのイーシャンテン。
親のリーチに行ける手ではない。そして安牌に窮す。

西家小倉9巡目
二萬二萬三萬三萬九萬九萬二筒二筒八筒二索二索四索五索 ツモ六索 ドラ五索

東家赤坂の捨て牌は9巡目まで以下の通り。
        ↓ ↓     ↓ ↓ ↓ 
九筒發八索三筒西九索横七筒七筒北 (↓はツモ切り)

安牌に困ったら自分の手を中心に進めるか?

それならば余剰の八筒切りで放銃だが、このピンチを小倉は二筒切りで回避する。

この二筒八筒の危険度は大差がないようにも思えるが、赤坂の4巡目三筒ツモ切りを見たのと、最悪2巡凌げることを考えたのではないか?
攻撃に重きを置く小倉が意外な繊細さを見せた一面であった。

これで困ったのが南家達也。12巡目にドラをツモり、チートイドラドラのイーシャンテンに。同じく安牌はなし。

南家達也12巡目
一萬七萬七萬八萬八萬五筒八筒八筒三索四索五索白白 ツモ五索 ドラ五索

一方、達也は、小倉の二筒切りと河に2枚の七筒を見て、真っ直ぐに進めて五筒切りで放銃。
これが高めとなり、裏は乗らなかったものの7700の痛い失点。

マンズ・ソウズはリーチに切りづらく、あとは白を切るぐらいだが、これも気持ちが悪かったか?

東家赤坂12巡目
五筒六筒六筒七筒七筒三索四索五索六索七索八索東東 リーチロン五筒 ドラ五索 裏四萬


同1本場。ここまで静かだった北家たろうにリーチが入る。

北家たろう5巡目リーチ
二筒三筒四筒一索一索一索三索三索三索六索六索北北 ドラ發

ツモれば大物手だが、安め出アガりだと1600点の手。手なりであれば、特に面白くもないのだが、3巡目に戻ってたろうの手牌。

北家たろう3巡目
四萬五萬二筒三筒四筒一索一索三索三索三索六索六索北 ツモ北 ドラ發

手なりなら、一索六索切りのポンテン1000点の手だが、たろうはここからマンズのリャンメンターツを払う。
完全に三暗刻の決め打ちであるが、これが最速のテンパイとなった。
これに11巡目、達也が五筒をポンし、打七索で追いついた。

南家達也11巡目
七萬八萬九萬六索七索南南南發發 ポン五筒五筒五筒 ドラ發

しかし残念ながら、五索が場に3枚だけ見えたリャンメン待ちは純カラ。この鳴きによりツモ順がずれ、たろうが六索のツモアガりとなる。

北家たろう13巡目
二筒三筒四筒一索一索一索三索三索三索六索六索北北 ツモ六索 ドラ發 裏五索

余談ではあるが、たろうには三萬六萬は入らず、手なりで進めていたら、アガりはおろかテンパイすら入れられなかったかもしれない。
まさにゼウスの選択。たろうらしいマンガンを成就させた。

南入時の点棒状況
東家達也  14200点
南家小倉  19000点
西家たろう 34300点
北家赤坂  32500点

南1局、東家達也としてはこの親番で追いつきたいところ。
その達也、8巡目にリーチ。流局かと思われた18巡目にツモリ2600オールと一矢報いる。

東家達也18巡目
五萬六萬五筒六筒七筒二索二索四索五索六索六索七索八索 リーチツモ四萬 ドラ三索 裏八萬

同1本場、一人置いていかれた南家小倉が反撃に出る。

南家小倉3巡目
四萬四萬六萬一筒二筒三筒五筒六筒七索九索南發發 ツモ六筒 ドラ六筒

小倉が選択したのは、これも唯一のリャンメンを見切る打五筒
スピード重視の小倉は、絶対に南を切るものだと思っていたので少し驚いた。

次巡、發を暗刻にし、打南で東家達也がポン。その鳴きで小倉、七萬六筒と引き、ダマでマンガンの手をリーチ。
そして14巡目にアガり牌を引き寄せ、たろうに対抗する3100/6100で一気にトップまで登りつめてしまう。

南家小倉14巡目
四萬四萬六萬七萬一筒二筒三筒六筒六筒六筒發發發 リーチツモ八萬 ドラ六筒 裏二索

麻雀とは不思議なもので、3巡目の段階で五筒ではなく、南を切っていれば、小倉に入るはずの發は達也に流れ、持ち持ちになっていたのだ。その後のツモが同じだとしてもテンパイがやっとである。

11回戦終了後に小倉に訊いてみた。
阿賀「あそこは南切ると思ったんだけど」
小倉「リーチドラ1の2600では安いですからね」
阿賀「五筒六筒六筒で2メンツは見なかったの?」
小倉「それじゃ遅いですね」
小倉「でもやっぱあそこは南切りかなー?」

何か煮え切らない感じだったが、自分が起こしたミラクルには気付いていないようだった。


南2局、親カブリで一人離されたのが北家達也。
15900点しかないが、上の3人は、トップ目が28700点と接戦なので、逆転のチャンスは十分ある。

北家達也1巡目
七萬二筒五筒五筒二索五索九索東東西北中中 ドラ四萬

達也にとってこの配牌はどうか?ここから八索を2枚引き、4巡目でチートイツのリャンシャンテンになる。

北家達也4巡目
四萬五筒五筒六筒五索八索九索東東西北中中 ツモ八索 ドラ四萬

しかし、すでにそのときテンパイを入れていたのが西家赤坂。

西家赤坂4巡目
二萬三萬三萬四萬四萬五萬六萬三筒三筒四筒四筒五索七索 ツモ六索 ドラ四萬

巡目が早いので、四筒切りのテンパイ取らずにするかと思いきや、前巡に八萬を切っていることと、
接戦であり打点も十分なので打六萬でテンパイを取る。三萬が表示牌に1枚いるせいもあるか。

役ありならば、一旦テンパイを取り、二筒五筒を引いての手変わりでも十分だ。
この選択が赤坂に吉と出る。

5巡目に四筒をツモッた北家達也が一旦は中に入れるが、6巡目六筒をツモってイーシャンテンになったところで、5200の放銃。

これで赤坂11戦目にして初のトップが見えてくる。しかし、2着目小倉とは3300点差。3着目たろうもその下100点とまだ接戦だ。

東家たろう 28600点
南家赤坂  32000点
西家達也  10700点
北家小倉  28700点
南3局、動きがない中8巡目にドラの八索を切ったのは、目下トップ目の赤坂。

南家赤坂8巡目
三萬四萬五萬一筒一筒三筒四筒七筒九筒四索五索八索南 ツモ八筒 ドラ八索

ピンフ三色のイーシャンテンでは放し時だろう。しかし、この手が安めの六索を引いてテンパイしたのはやっと流局1巡前。
トイメンの北家小倉が、南家赤坂から四筒南と2つ仕掛けているので海底は赤坂に回る。
ドラは場に3枚出ており、小倉の仕掛けは安そう。また、テンパイは小倉と赤坂の2人に見える。

そして、赤坂から見て三筒四筒が4枚ずつ見えているのに対し、二筒は1枚場に出ているだけ。
不意を付かれた感じだが、赤坂が元気良く「リーチ!」と出る。確かにそこに牌がいれば、メンピン一発ツモハイテイで決まる。

しかし、赤坂から良く見える二筒五筒は残り1枚。
点差を考えるとリーチ棒を出すのはやりすぎに思えた。結果、赤坂・小倉の二人テンパイで流局。
ちなみに小倉の最終形は形テンからの南バック。

北家小倉最終形
七筒八筒九筒一索二索三索 ポン南南南 ポン四筒四筒四筒 ドラ八索

この局について、対局後話をしたが、達也、たろうの意見は、
「あそこは決めに行ったんでしょ。あれはいいんじゃない」であった。
私の考えだが、親を残して小倉と3300点差がリーチ棒を出しては2300点差。
この差はものすごく大きい。小倉からすれば、3200か500/1000をあがらなければ行けなかったのが、1000点で同点トップとなる。
そして何より、赤坂はテンパイを取らなければ行けないのだ。
それならば、リーチ棒を出さずに700/1300で3400点差、都合6700点差でも十分ではないか?

ただ、このリーチは赤坂らしいと言えば赤坂らしい。そう思えることが、雀王戦Aリーグの対局でもあった。
決定戦を賭けての直接対局で、東家赤坂、西家阿賀。
私が中盤にツモリ四暗刻の手をテンパイし、ドラのシャンポン待ちでハネマンのダマ。東家赤坂が残り1巡で一発と海底ツモを狙い「リーチ!」
一発目で掴んだのがワンチャンスだが暗刻スジの一筒
「残りツモ1回でリーチに来るとは赤坂から見て良く見える待ちではないか?」
そうとも思ったが、私も一世一代の勝負手。協会ルールでは、ツモ番のないリーチが認められているので、倍マン直狙いで初のツモ番なし「リーチ!」と出た。
そこはさすがに放銃。
一発がついて5800の支払いとなった。
そんなことをふと思い出してしまった。

南4局1本場、僅差なので点棒状況を再掲する。

東家赤坂  32500点
南家達也   9200点
西家小倉  30200点
北家たろう 27100点
供託1000点

南家小倉はトップと2300点差なので、1000点で同点トップ(同点の場合、順位点は+30ずつ分ける)
北家たろうは赤坂と5400点差だが、赤坂から2000点直なら単独トップ、もしくは700/1300ツモで同点トップ。
南家達也は小倉にトップを取られると最悪なので、このまま終わらせたいだろう。

まずは北家たろうだが、配牌は最悪だ。六索

北家たろう1巡目
一萬二萬一筒三筒四筒六筒八筒三索六索九索西北中 ドラ七筒

3巡目に中を重ね、6巡目までに2つ仕掛ける。

北家たろう6巡目
二萬二萬四筒六筒八筒三索北 ポン中中中 チー五筒三筒四筒 ドラ七筒

ドラを引けば、トップの可能性も見えるが、最悪順位が変わらないアガりでもいいと思っているだろう。

対して西家小倉の手牌だが、7巡目に選択が出てくる。

西家小倉7巡目
一萬三萬四萬五萬七萬八萬九萬八筒九筒七索七索北北 ツモ三萬 ドラ七筒

食い仕掛けを考えて手役を作っているが、ここは一通と三色を見て打七索
北を北家たろうに切りたくないのもあるかも知れない。

すると、それをあざ笑うかのように2巡後ツモ七索。捨て牌に3枚七索を並べてしまう。

それでも小倉は、11巡目にペン七筒を引きテンパイ。即リーチと出る。

小倉から見て良さそうに見える二萬だが、たろうに2枚と達也に1枚入っており、残りは1枚。
対して、10巡目から続けて八筒七筒と引いた北家たろう。12巡目に西家小倉がツモ切った五筒を仕掛け、打八筒で追いつく。

北家たろう12巡目
二萬二萬七筒八筒 チー五筒四筒六筒 ポン中中中 チー五筒三筒四筒 ドラ七筒

たろうの六筒九筒待ちは、九筒を赤坂が暗刻にしており、この時点で六筒が1枚残っているのみである。

ただ、小倉のリーチにより状況が変わった。
トップ目赤坂と5400点差のたろうは、供託リーチ棒2本と1本場により、500/1000でもツモれば同点トップに。
また東家赤坂も小倉と3300点差になったので、二人テンパイなら伏せてトップという選択が出てきた。

東家赤坂、南家達也は安全牌を探しながら打っているが、終局直前に北家たろうがツモ切った七萬に東家赤坂が止まる。
一応、形テンを入れて、状況によってはテンパイ宣言を取るかどうか選択出来るようにする。そんなことを考えてのチー。

東家赤坂18巡目
六萬六萬三筒三筒三筒四筒六筒九筒九筒九筒 チー七萬五萬六萬 ドラ七筒

赤坂は勘違いしたのかも知れないが、これは完全に状況判断ミス。たろうの3つの仕掛けにより、ツモ順は元に戻っていた。
つまり西家の小倉は、あと1回しかツモれないところに海底を回し、都合2回のツモを回してしまったのだ。
この海底により小倉がツモアガり、もしくはたろうが河底ロンの3900になれば、赤坂は一生の不覚になるところだったが、ここは流局。
赤坂迷いながらも牌を伏せ、二人テンパイで流局。並び順は変わらず。

3400点差は、赤坂一人ノーテンまたは小倉一人テンパイでトップが入れ替わるが、
4cmとなったたろうは誰の目から見てもテンパっているし、達也がテンパイだとしても確実に伏せる。
赤坂は、試合巧者のたろう、達也の二人をもっと信用するべきだった。
かなり危なっかしいトップであったが、何はともあれ、赤坂には待望の初トップ。


11回戦終了時ポイント
小倉  +265.4
達也   +25.1
たろう  △50.1
赤坂  △242.1

12回戦 たろう−小倉−赤坂−達也

一人が何もしないと麻雀はゲーム性を損ねる。そういう意味で言うと、11回戦赤坂のトップは観戦者も待ちかねたところ。
願わくばこのまま赤坂には頑張って欲しいのだが・・・。

配牌イーシャンテンは東家たろうだった。

東家たろう1巡目
二萬三萬四萬五萬六萬七萬五筒六筒六索八索八索八索南中 ドラ發

タンヤオでまとまっていてさすがに早い。

うまく行けば、三色や一通も見える手である。5巡目に六索をツモってリーチ。

早い親リーには誰も向かえず、悠々と9巡目に四筒をツモって裏が五萬の4000オールと幸先のいいスタート。

東家たろう9巡目
二萬三萬四萬五萬六萬七萬五筒六筒六索六索八索八索八索 リーチツモ四筒 ドラ發 裏五萬

同1本場は、西家赤坂が3巡目にしてテンパイ。手替わりに心残りがあったか、1巡回してリーチ。

西家赤坂4巡目リーチ
七萬八萬二筒三筒四筒九筒九筒九筒七索八索九索西西 ドラ六萬

リーチ後、8巡目に手替わりを待っていた一筒を引くが、これは仕方ない。
次巡、東家たろうがツモ切った九萬で1300は1600のアガり。

たろうとしては、ダブ東がトイツであるぐらいで行かなくても良い手。
ドラをツモられるぐらいなら、安めの九萬を打っておけぐらいの感覚であろうが、赤坂からすれば決して嬉しいアガりではないだろう。

東2局、今度は東家小倉に手が入る。

東家小倉4巡目
二萬三萬四萬五萬五萬六萬七萬八萬四筒三索四索四索七索 ツモ三索 ドラ八索

小倉の選択は、リャンシャンテンに戻す打四索。ここから続けて、ツモ七索三索、ツモ三萬四筒と進み、
8巡目に二索を入れて八萬を切ってのリーチ。

東家小倉7巡目リーチ
二萬三萬三萬四萬五萬五萬六萬七萬二索三索四索七索七索 ドラ八索

これに対し、配牌こそ良くなかったものの、ドラを暗刻にして8巡目に白を重ね、打發でイーシャンテンに漕ぎ着けたのが南家赤坂。

南家赤坂8巡目
一萬一萬四萬四筒五筒六筒六筒七筒八索八索八索白發 ツモ白 ドラ八索

次巡、リーチの小倉から出た八筒に食いつくと、打四萬であっさりと決着。裏が乗って12000点の放銃。

東家小倉9巡目リーチ
二萬三萬三萬四萬五萬五萬六萬七萬二索三索四索七索七索 リーチロン四萬 ドラ八索 裏四索

ドラが暗刻なだけに赤坂も仕方ないが、赤坂は自ら追撃の体勢を崩してしまった格好になった。

同1本場も、東家小倉が5巡目に早いリーチをかけ簡単に2100オールをツモる。

東家小倉8巡目
七萬七萬四筒五筒二索三索四索七索八索九索中中中 リーチツモ六筒 ドラ三萬 裏南

同2本場。北家たろう、4巡目にペン七索をテンパイ取らずし、ドラの西を2枚引いて11巡目にリーチ。

北家たろう11巡目リーチ
二萬三萬四萬五筒五筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒西西 ドラ西

このリーチを受け、東家小倉、西家達也ともに仕掛ける。

そして14巡目に南家赤坂が追っかけリーチに出る。

南家赤坂14巡目リーチ
一萬二萬三萬五萬六萬七萬二筒二筒四筒四筒一索二索三索 ドラ西

1巡目に一筒を切っているとはいえ、愚形でリーチ棒を出す価値はなかったか。

18巡目にたろうのアガり牌八筒を掴んでしまう。裏は乗らず5200点の放銃。

北家たろう18巡目
二萬三萬四萬五筒五筒五筒六筒七筒七筒八筒九筒西西 リーチロン八筒 ドラ西 裏九索

せっかく前回初トップを収めた赤坂であったが、今回は集中砲火である。
奮起の東3局親番だが、まず軽く1500点のアガり。

東家赤坂13巡目
三萬三萬四筒五筒七筒七筒七筒三索四索五索 ポン二筒二筒二筒 ロン三筒 ドラ一萬

同1本場は、早々4巡目に先制のリーチを入れる。

東家赤坂4巡目リーチ
五萬六萬七萬三筒四筒七筒八筒九筒六索七索八索南南 ドラ七筒

安手でも連荘後に手が入れば気持ちがいいものだろう。
しかし、このリーチも当たり牌を暗刻にして13巡目に追っかけた南家達也に軍配。

赤坂が、終局間際にドラの七筒を掴み裏ドラも乗って5200は5500点の放銃。

南家達也17巡目
三萬四萬五萬一筒一筒五筒五筒五筒六筒八筒三索四索五索 リーチロン七筒 ドラ七筒 裏六筒

これで赤坂は箱下に。
「点棒を貸してください」
悲痛な表情の赤坂である。

東4局、西家小倉が以下の配牌。

西家小倉1巡目
二萬二萬二筒七筒一索七索八索東南南南中中 ドラ五索

まずはツモ九萬二筒。そして2巡目に中を仕掛け、打七筒で絶一門にし、一色手もしくはトイトイを見る。

とりあえずで九萬一索に手をかけないところが、小倉がスピードだけでなく手役も見ている証しであろう。
ここから東二萬と引き寄せ、あっという間にこの形。

西家小倉5巡目
二萬二萬二萬九萬七索八索東東南南南 ポン中中中 ドラ五索

ここからなんと、小倉は打七索
ホンイツあるいはトイトイのイーシャンテンに受ける。

対して東家達也。11巡目にテンパイを入れ、東を曲げて即リーチと出る。

待ちは2枚切れのカン二筒。北家赤坂が1枚使っているので山には1枚のみ。

東家達也11巡目リーチ
八萬八萬一筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒七索八索九索 ドラ五索

この宣言牌の東を西家小倉が当然のように叩き、ハネマンのテンパイ。

西家小倉11巡目
二萬二萬二萬南南南白 ポン東東東 ポン中中中 ドラ五索

小倉は次巡、達也の現物の三萬を引き、3メンチャンに変える。場には達也が切った三萬が1枚、たろう、

赤坂が切った一萬が1枚ずつの3枚しか見えていないので、アガれる感触があっただろう。

実際には、南家たろうに三萬がトイツで入っており高めは空。

残りは四萬が北家赤坂に1枚あるだけなので、山に5枚生き。1枚vs5枚なら分は明らかだろう。
しかし、これは意外な結末を迎えることになる。

北家赤坂も8巡目にしてイーシャンテンだったが、ツモ切りが続き、13巡目に東家達也に無スジの三筒を掴まされた。

北家赤坂13巡目
二萬四萬二筒三筒四筒七筒八筒九筒二索二索二索五索六索 ツモ三筒 ドラ五索

東家達也の現物は九筒のみだが、リーチ後に五筒が通っている。

また赤坂は点棒がないこともあって、イーシャンテンを維持する二筒切りを選択。
これが達也に放銃である。裏こそのらなかったものの、逃げる南家たろうと西家小倉を追撃するには大きい3900の連荘となった。

東家達也13巡目
八萬八萬一筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒七索八索九索 リーチロン二筒 ドラ五索 裏一萬

同1本場はリーチ合戦となる。
先制リーチは10巡目と早くはないが南家たろう。

南家たろう10巡目リーチ
四筒五筒七筒七筒二索三索四索六索七索七索八索八索九索 ドラ九索

そして西家小倉、東家達也と続く。

西家小倉11巡目リーチ
三萬四萬五萬五筒六筒七筒一索二索三索五索五索七索九索 ドラ九索

東家達也12巡目リーチ
六萬七萬八萬二筒三筒四筒六筒七筒八筒八索九索白白 ドラ九索

一人勝負に行けないのが北家赤坂。
このリーチ合戦だが、ドラそばの七索八索は、北家赤坂の捨て牌に七索と表示牌に八索が1枚ずつで、
お互い使い合ってリーチの時点ですでに空。
そうなると、残り3枚あるたろうの当たり牌を誰が掴むかとなるのだが、三筒を持ってきてしまったのが西家小倉。
裏ドラも2枚乗り、小倉からたろうへ8300の移動。

南家たろう16巡目
四筒五筒七筒七筒二索三索四索六索七索七索八索八索九索 リーチロン三筒 ドラ九索 裏七索

これでたろうがダントツとなり、トップを磐石とする。

南入時点棒状況は、
東家たろう 50400点
南家小倉  28500点
西家赤坂  △7200点
北家達也  28300点

しかし、荒れ場は続くもので、放銃したばかりの南家小倉に手が入った。

南家小倉1巡目
三萬三筒四筒九筒九筒二索南北北白白發中 ツモ南 ドラ八萬

いきなり、ダブ南を重ねると、1巡目に北家達也が捨てた北からポン。

続いて、西家赤坂が捨てた南をポンして、簡単にイーシャンテンに。

南家小倉3巡目
三筒四筒九筒九筒白白中 ポン南南南 ポン北北北 ドラ八萬

同卓者からすると、その南を鳴かれるのはきつい。しかし、南を切る西家赤坂にも当然理由があり、2巡目にはすでに以下の手牌。

西家赤坂2巡目
二萬三萬一筒三筒一索二索三索六索六索六索七索南發 ツモ發 ドラ八萬

西家赤坂、無駄ヅモなしで五索二筒と引き4巡目にして本手のリーチ。

西家赤坂4巡目
二萬三萬一筒二筒三筒一索二索三索五索六索六索六索七索 ドラ八萬

しかし一発目のツモが九筒で、南家小倉が食いついてテンパイ。簡単に二筒をツモり上げ、2000/4000。

南家小倉7巡目
三筒四筒白白 ツモ二筒 ポン九筒九筒九筒 ポン南南南 ポン北北北 ドラ八萬

トップ目のたろうに親カブリをさせ、その差を8900点と縮める。


南2局、トップが見えた東家小倉。9巡目にツモりマンガンのリーチを入れる。

東家小倉9巡目
三萬四萬五萬一筒一筒七筒八筒九筒五索五索六索七索七索 ドラ九筒

しかしここは南家赤坂がしっかりと流し、500/1000のアガり。

南家赤坂13巡目
二筒二筒五筒六筒二索三索四索 チー六萬七萬八萬 ポン南南南 ツモ七筒 ドラ九筒


南3局、ここで親は赤坂。まだ12回戦とはいえ、ここで挽回しないと、赤坂の優勝の目はほぼ無くなる。

その赤坂が3巡目、5巡目に九索發と仕掛けてイーシャンテン。

東家赤坂5巡目
一萬一萬二萬三萬七筒八筒南 ポン發發發 ポン九索九索九索 ドラ南

そして10巡目に九筒を引き、南単騎のマンガンを確定させる。

ドラがドラなだけに他家も慎重に打つ。赤坂の現物に合わせ進めていた北家小倉だったが、
17巡目に南単騎でテンパイを取ると、最後のツモでラス牌の南を引き寄せ、1000/2000ツモアガり。

北家小倉18巡目
三萬四萬五萬四筒五筒五筒六筒六筒七筒一索二索三索南 ツモ南 ドラ南

是が非でも連荘したい赤坂からすれば、この同テン引き負けはこたえたであろう。

オーラスを迎えての点棒状況。

東家達也  24800点
南家たろう 44900点
西家小倉  39500点
北家赤坂  △9200点

小倉のトップだけは避ける。他3人の毎回のテーマでもある。
南4局、望みがわずかとは言え、北家赤坂にもやることはある。

北家赤坂、6巡目に七筒を入れ、イーシャンテンに。

北家赤坂6巡目
七萬八萬六筒八筒一索二索三索四索四索五索七索七索 ツモ七筒 ドラ八筒

次巡、八索を引くもツモ切り。最高の手は678の三色だが、今優先するべきは、このままの状態で終わらせること。

六萬を仕掛けてのタンヤオで十分だ。

そして8巡目に六萬を引きテンパイ。リーチをしては南家たろうから出アガれないので、ダマを選択。
すると9巡目にその南家たろうからリーチ。

南家たろう9巡目リーチ
七萬八萬九萬三筒四筒五筒一索一索一索三索三索四索五索 ドラ八筒

北家赤坂からすれば、南家たろうに振る分には問題がない。何事もなかったように一発で無スジの六萬をツモ切る。

そして11巡目に赤坂が六索を引き寄せ、1300/2600のアガり。

北家赤坂11巡目
六萬七萬八萬六筒七筒八筒二索三索四索四索五索七索七索 ツモ六索 ドラ八筒

赤坂としては、今やるべきことをかろうじてこなしたファインプレーか。
トータルダントツの小倉にこれ以上トップを取られなければ、まだまだ何が起きるかわからない。


12回戦終了時ポイント
小倉  +283.6
達也   +12.5
たろう   +7.3
赤坂  △305.4

13回戦 赤坂−達也−小倉−たろう

残り8戦、トータルトップ目の小倉とのポイント差は600ほどあり、現実的には優勝が厳しい赤坂。
とにかく全てトップを取る気持ちで行くしかない。

起家を引いた赤坂。配牌としてはかなりいい部類だ。

東家赤坂1巡目
四萬五萬七萬七萬八萬六筒七筒八筒九筒二索三索三索四索發 ドラ北

5巡目に三萬を引き、くっつきテンパイからツモ切りが続く。

東家赤坂5巡目
三萬四萬五萬五萬七萬七萬六筒七筒八筒二索三索三索四索 ドラ北

しかし、さらに早かったのが西家小倉。3巡目に急所の二索を引き三色も見えるイーシャンテンだった。

西家小倉3巡目
四萬六萬四筒六筒七筒一索二索三索五索六索七索東東 ドラ北

4巡目にツモ七筒四筒、5巡目ツモ五筒となるが、小倉はテンパイ取らずの打四萬。そして9巡目に六筒を引いてリーチ。

西家小倉9巡目リーチ
五筒六筒六筒七筒七筒一索二索三索五索六索七索東東 ドラ北

そして、東家赤坂も10巡目に一索を引いて追っかけリーチ。

東家赤坂10巡目リーチ
三萬四萬五萬七萬七萬六筒七筒八筒一索二索三索三索四索 ドラ北

この対決、西家小倉は安めリーのみの手だが、東家赤坂が高めとなる五筒を掴む。それとて2600点。大したことはない。
しかしながら、小倉がめくった裏ドラ表示牌には北。何と裏々でマンガンのアガりとなってしまう。

西家小倉15巡目
五筒六筒六筒七筒七筒一索二索三索五索六索七索東東 リーチロン五筒 ドラ北 裏東

赤坂、この体勢の悪さはどうしようもないか?

東2局は、西家たろうが小倉に独走させまいと15巡目にリーチをかけ、マンガンのツモアガり。

西家たろう18巡目
五萬六萬七萬五筒五筒三索三索五索六索七索 カン裏二萬二萬裏 ツモ三索 ドラ六索九筒 裏東五索


東3局、小倉を追う達也も負けていない。11巡目にドラの四筒を引いてテンパイすると、ダマで小倉から5200点のアガり。

北家達也13巡目
三萬四萬五萬四筒五筒六筒八筒八筒二索二索三索四索四索 ロン三索 ドラ四筒


小倉一人テンパイで流局を挟んでの南1局1本場。
親は後がない赤坂。トップ目とは20000点近く離れており、この親で連荘するより他がない。
なりふり構ってられない東家赤坂、7巡目に以下の牌姿からラス牌となるオタ風の西から仕掛ける。

東家赤坂7巡目
七萬九萬五筒六筒五索五索六索南南西西白發 ドラ五筒

仕掛けてもまだリャンシャンテン。しかし、ここで動かなければテンパイすら怪しい。
すると、思いが通じたのか次巡八萬ツモでイーシャンテンに。
ただ、翻牌は南家達也と北家たろうががっちりと押さえており、南は山にない。

ここで小倉が一萬を切ってリーチと来る。

西家小倉9巡目リーチ
二萬二萬八萬八萬二筒二筒三筒三筒四筒四筒二索三索四索 ドラ五筒

4巡目に五萬を切っており、出アガり期待のリーチだろう。このリーチに対応したのが北家たろう。

一発目こそ現物の三索を切ったものの、赤坂の手出し發を見て、次巡南を抜きに行く。

これを東家赤坂がポンしてテンパイ。
リーチの小倉に親の赤坂と勝負させようという、たろうならではの戦術である。
この鳴かせが功を奏し、17巡目に小倉が赤坂の当たり牌七筒を掴み、2900点の移動。

東家赤坂17巡目
六萬七萬八萬五筒六筒五索五索 ロン七筒 ポン南南南 ポン西西西 ドラ五筒

点数こそ大きくはないが、小倉のリーチを潰し、さらに失点させたのはたろうの功績である。

しかし続く同2本場、あっという間の出来事だった。
前局のたろうの操作で振り込みに回った西家小倉。配牌は自風の西がトイツだが決して早くはなさそうだった。

西家小倉1巡目
一萬二萬六萬七萬九萬六筒九筒四索東南西西北 ドラ九萬

これが無駄ヅモなしで八萬北五萬と引き、4巡目に西をポンしてイーシャンテン。すぐ次巡に七萬を引きテンパイ。

そして、北家たろうがツモ切った三萬に声がかかる。

西家小倉5巡目
一萬二萬五萬六萬七萬七萬八萬九萬北北 ロン三萬 ポン西西西 ドラ九萬

5巡目にしてマンガンのアガりである。失点しても簡単に取り返す。小倉の出来の良さを象徴しているようなアガりだ。

南2局、ここまでオリに回って我慢を重ねてきた東家達也だが、7巡目に高めタンピンドラ1の手をリーチする。

場には九萬が1枚しか切られておらず、自信のリーチだろう。
終盤に安めツモながら裏が乗って4000オール。

東家達也13巡目
三萬四萬五萬七萬八萬六筒七筒八筒二索三索四索八索八索 リーチ ツモ九萬 ドラ七萬 裏七萬

このアガりで達也は2着目小倉と8000点差のトップ目に立つ。

同1本場は、南家小倉が以下の捨て牌で7巡目にリーチ。

   ↓ ↓
南南四索一筒一萬七筒八索横 (↓はツモ切り)

このリーチに安全に進めていた西家たろう。9巡目にイーシャンテンとなったが、13巡目に三色が見える八索を持ってくる。

西家たろう13巡目
六萬七萬八萬二筒二筒六筒七筒一索二索三索三索四索七索 ツモ八索 ドラ八萬

現物とスジを追って七索八索切りもあるが、3巡目の四索ツモ切り、宣言牌八索から、三索も通りそうである。
巡目は深いが、メンタンピン三色ドラが決まればハネマンである。ツモればトップ目に立てるし、リーチの小倉から出ても十分だ。
一索三索と落としたところで小倉から「ロン」の声がかかる。

南家小倉14巡目
三萬四萬五萬三筒三筒四筒四筒五筒五筒四索五索九索九索 リーチロン三索 ドラ八萬 裏九筒

点棒を減らしたら利子をつけてアガるのが小倉である。
この8000で今度は小倉が300点差のトップに。たろうは痛恨のラス転落。

南3局、ドラは發で、配牌で東家小倉、西家赤坂、北家達也に1枚ずつ。
翻牌がドラの時は場が重たくなる。
東家小倉もドラを抱えており、9巡目に三萬が重なったところで、チートイツのリャンシャンテンとなり、3メンチャン受けを捨てて六索切り。

東家小倉9巡目
三萬七萬七萬七筒九筒九筒二索三索三索四索五索六索發 ツモ三萬 ドラ發

次巡、六萬ツモでチートイツのシャンテン数を落とさない七筒切り。

13巡目に八萬をツモってきたところで打七萬とし、チートイツを捨てる。

東家小倉13巡目
三萬三萬六萬七萬八萬九筒九筒二索三索三索四索五索發 ドラ發

そして、南家たろうが切った九筒をポンして、打三萬で形テン狙い。
しかしこの三萬が南家たろうに当たり、1300点の放銃。

南家たろう14巡目
二萬四萬四萬五萬六萬四筒五筒六筒八筒八筒五索六索七索 ドラ發

小倉丁寧に固く打ったのだが、これが災いしてまた2着に。

オーラスを迎えての点棒状況は、

東家たろう 12400点
南家赤坂  14200点
西家達也  37200点
北家小倉  36200点

南4局、各家の課題は、東家たろうはとにかくアガり続けること。
南家赤坂と西家達也はこのままの状態で終わらせること。
北家小倉は2着でも致し方なしだが、これでトップを奪えば優勝はさらに揺るぎないものとなるだろう。

まず、ホンイツが最速と見て4巡目に仕掛けたのは西家達也。南家赤坂からの援護も期待出来るだろう。

西家達也4巡目
一萬三萬四萬五萬七萬八萬東南北北 チー九萬七萬八萬 ドラ八筒

続いて南家赤坂も5巡目に仕掛けた。
二萬三萬五筒七筒八索八索東白白白 チー三筒一筒二筒 ドラ八筒

焦る二人を尻目に、この2つの仕掛けで北家小倉が絶好の二索、ドラの八筒と好牌を引き入れてしまう。

5巡目にこのテンパイ。

北家小倉5巡目
三萬三萬四萬五萬六萬六萬七筒九筒一索二索三索七索八索 ツモ八筒 ドラ八筒

小倉の体勢の良さはどうしようもない。
小倉が切った三萬に東家たろうも仕掛けて5800点のテンパイを入れるが、テンパイ打牌の六索で放銃。
2000点のアガりでトップとなった。

東家たろう6巡目
五萬六萬七萬二筒三筒四筒八筒八筒五索六索 チー三萬二萬四萬 ドラ八筒

北家小倉6巡目
三萬四萬五萬六萬六萬七筒八筒九筒一索二索三索七索八索 ロン六索 ドラ八筒

優勝に向けて大きな大きなトップ。縮めようと思ってもさらに差が広がる。
「ほとんど小倉の優勝で決まりだ。せめて明日の戦いをもう少し面白くして欲しい・・・」
頑張っている小倉には申し訳ないが、ギャラリーの多くがそう感じていただろう。


13回戦終了時ポイント
小倉  +341.8
達也   +24.5
たろう  △37.1
赤坂  △331.2

14回戦 達也−小倉−たろう−赤坂

あと7戦残しているとはいえ、小倉との差が、2位の達也でさえ320ポイント、3位のたろうで400ポイント、
4位の赤坂に至っては670ポイント差となっている。
トップ・ラスで100ポイントほど変わる協会ルールとはいえ、3者にとっては相当厳しい状況であろう。

東1局、先制リーチは北家赤坂。

北家赤坂9巡目リーチ
一筒一筒四筒五筒六筒三索四索東東東西西西 ドラ二筒

赤坂の捨て牌は以下の通り。
↓      ↓ ↓   ↓ 
白二萬一索中九索二筒一萬北三索 (↓はツモ切り)

次巡、西家たろうが暗刻から四萬を切って追っかけリーチ。

西家たろう10巡目リーチ
四萬四萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒七筒八筒六索七索八索 ドラ二筒

結果、たろうが高めをツモって裏が1枚。3000/6000と化ける。

西家たろう13巡目
四萬四萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒七筒八筒六索七索八索 ツモ六筒 ドラ二筒 裏八索


東2局、親っかぶりで6000点ビハインドの北家達也。一萬三索三筒と引き、3巡目にしてハネマンが見えるイーシャンテンになる。
何とかここで取り返したいところだ。

北家達也3巡目
一萬二萬六萬六萬一筒二筒三筒一索一索二索二索三索四索 ドラ六萬

これに対し、南家たろうが8巡目に南を叩きテンパイ。

南家たろう8巡目
二萬三萬四萬七萬八萬三筒三筒三筒四筒五筒 ポン南南南 ドラ六萬

西家赤坂も東を引いてリーチで対抗する。

西家赤坂9巡目リーチ
三萬四萬五萬六筒七筒八筒四索四索六索七索八索東東 ドラ六萬

このリーチに飛び込んだのが達也。イーシャンテンからツモ切りが続き、東を掴んで裏1枚の5200点を放銃する。

西家赤坂12巡目
三萬四萬五萬六筒七筒八筒四索四索六索七索八索東東 リーチロン東 ドラ六萬 裏七筒

東2局までに点棒が大きく動き、乱打戦の模様を呈したが、この後は静かに進行した。


東3局は、三色手変わりがある西家達也だったが、南家赤坂からのピンフ1000点で流す。

西家達也10巡目
四萬四萬六萬七萬八萬七筒八筒九筒一索二索三索六索七索 ドラ二萬

小倉リーチの一人テンパイで流局後の南1局1本場は、2900のテンパイを入れていた東家達也から、
南家小倉が1000点でアガり、サクッと流す。
当面のライバル達也にラスを押し付けることが出来れば、小倉もこの後楽になるだろう。

南家小倉9巡目
二萬二萬六萬七萬八萬五筒五筒二索三索四索 ロン五筒 ポン中中中 ドラ六索


南2局はトップ目の南家たろうが、ダマテンのままツモアガり、小倉の親を落とす。

南家たろう12巡目
九萬九萬七筒九筒一索一索一索五索五索六索六索七索七索 ツモ八筒 ドラ五萬


南3局を迎えての点棒状況

東家たろう 39700点
南家赤坂  23500点
西家達也  11800点
北家小倉  25000点

南3局、トップ目のたろうの親。ここでマンガンでもツモれば、南家赤坂、北家小倉はトップが見えてくる。

5200点をアガってから一度も勝負出来ない南家赤坂。小場で進んだのはラッキーだったかも知れない。
その赤坂は8巡目にして十分形のイーシャンテン。

南家赤坂8巡目
四萬五萬七萬七萬三筒四筒五筒四索五索五索六索六索六索 ドラ中

ここで仕掛けたのは、東家たろう。ドラが2枚でマンガンのイーシャンテン。

東家たろう9巡目
一筒二筒七筒八筒九筒一索二索二索中中 チー三萬一萬二萬 ドラ中

この鳴きにより、南家赤坂のテンパイとなる七索が西家達也に流れてしまうが、それでも11巡目に三色目の三索を引いてリーチ。
これを高めでアガればトップが近づく。

南家赤坂11巡目リーチ
四萬五萬七萬七萬三筒四筒五筒三索四索五索六索六索六索 ドラ中

東家たろうも七索ツモに打二索でイーシャンテンをキープし頑張るが、六萬を引いて危険牌2枚抱えた時点でギブアップ。
4枚あったアガり牌は、東家たろうに3枚と西家達也に1枚流れて、赤坂一人テンパイで流局した。


オーラスを迎えての点棒状況は、

東家赤坂  25500点
南家達也  10800点
西家小倉  24000点
北家たろう 38700点
供託     1000点

南4局、東家赤坂はとにかくアガってトップを狙うのみ。
南家達也はハネマンツモなら2着、マンガンを作れば3着もある。
西家小倉は、たろうとの差が離れているのでアガって2着なら十分だろう。
北家たろうは、自分がトップを取ることが絶対条件だが、出来れば、この並びのまま終わりたいところ。

北家たろうに早い手が入る。

北家たろう4巡目
三萬四萬七萬八萬五筒六筒三索四索五索七索七索南南 ツモ四筒 ドラ南

点棒に余裕のある北家たろうはここでドラの南のトイツ落としを選択。
もちろんピンフやタンヤオでのアガり安さもあるが、手を安くし、東家赤坂を2着にさせることも念頭に置いているだろう。

この南を南家達也が仕掛けた。持ち持ちでドラを鳴けたのは大きい。

南家達也5巡目
二萬三萬四筒二索二索三索四索七索發中 ポン南南南 ドラ南

2着狙いの西家小倉も7巡目に仕掛ける。

西家小倉7巡目
三萬五萬九筒五索五索六索七索發發中 チー四筒五筒六筒 ドラ南

發頼みの手牌だが、普通に考えればアガりは厳しいか。
ところがこの鳴きにより、何と小倉は、南家達也の必要牌、中四萬を食い取り、一番にテンパイを果たしてしまう。

西家小倉9巡目
三萬四萬五萬五索六索七索發發中中 チー四筒五筒六筒 ドラ南


こうなると、發中を抱えた南家達也はいわゆる「詰み」の状態。
ハネマンを見て取って置いた翻牌が先に出るか、イーシャンテンの北家たろうが追いつくかの勝負だが、
南家達也、イーシャンテンになったところで中を振り込み、1000は1300のリーチ棒つきで小倉が2着で終了。

小倉2着、達也痛恨のラスで、小倉優勝へのカウントダウンに向けて磐石の体制をさらに整える。


14回戦終了時ポイント
小倉  +348.1
たろう  +21.6
達也   △26.0
赤坂  △345.7


15回戦 たろう−小倉−達也−赤坂

このまま小倉の独走を許すのか?追うのはたろうか達也か?
最終日を占う意味でも重要な15回戦の闘牌が始まった。

東1局、東家たろう。前の半荘のトップを無駄にしない為にも小倉との差を詰めておきたい。
配牌白暗刻から、4巡目にはイーシャンテン。ツモ切りが続いたが11巡目に先制リーチ。

東家たろう11巡目リーチ
三萬三萬三萬二筒三筒四筒二索三索六索六索白白白 ドラ南

場には一索が2枚出ているだけで、北家赤坂はマンズ仕掛け。待ち頃なところとも言える。
これを16巡目にツモって、裏1の4000オールスタート。

東家たろう16巡目
三萬三萬三萬二筒三筒四筒二索三索六索六索白白白 ツモ一索 ドラ南 裏二索

いきなりの4000オールスタートは大きい。小倉を追うのはやはりこの男か?


同1本場は、南家小倉が3巡目にオタ風の西から仕掛けホンイツで牽制する。

二筒をチーして苦しいテンパイだったが、北家赤坂がツモ切った二筒を捕らえ、2000は2300のアガり。

南家小倉9巡目
二筒二筒四筒四筒六筒七筒八筒 チー二筒一筒三筒 ポン西西西 ロン二筒

東2局、10巡目に役無しだが、テンパイ一番乗りは西家赤坂。

西家赤坂10巡目
二萬三萬四萬四萬八萬八萬九萬九萬九萬六筒五索六索七索 ツモ八筒 ドラ三萬

八筒引きのテンパイが不満だが、四萬切りなら即リーチの一手だろう。しかし、ここは赤坂四萬切りダマを選択。

16巡目と遅いリーチは南家達也。万が一のツモもあるが、小倉の親を落とせれば十分だろう。
これに西家赤坂、一発目こそ現物の八索をツモ切るが、次のツモで五筒を引き、テンパイを維持して八筒で放銃。

南家達也17巡目
三萬四萬五萬五萬五萬六筒七筒二索二索二索四索五索六索 ロン八筒 ドラ三萬 裏發

達也の捨て牌には真ん中の4〜6がまったく切られておらず、危険牌を絞り込めないので、
八筒勝負でテンパイ料を狙うのはいいと思うのだが、役無しのダマテンで押していたのは、中途半端な感じは否めない。
優勝から大きく遠のいた赤坂の打牌が今後影響するかも知れない。


東3局、たろう、達也とアガればこの男も黙ってはいない。北家小倉、8巡目に先制リーチ。
このシャンポン待ちを簡単に一発でツモって、2000/4000のアガり。
やっとの思いで5200点稼いだ東家達也から、あっさりと4000点を回収する。

北家小倉9巡目
二萬二萬五萬六萬七萬四筒五筒六筒三索四索五索東東 ツモ二萬 ドラ四筒 裏八萬


東4局、5巡目にドラを引き込みイーシャンテンは西家小倉。

西家小倉5巡目
五筒五筒一索三索三索四索四索六索六索南南南西 ドラ四索

8巡目に南家たろうから表示牌の三索が放たれる。
ラス牌なので、チートイツにするかトイトイにするか決断の時だが、小倉はポンを選択。
残りは中張牌だらけで、普通のメンツ手でも進められるので、仕掛けない人も多いかも知れない。
すると次巡、ドラの四索を食い取りテンパイ。ツモればハネマンの大物手。まったく小倉のツモには感心させられる。

西家小倉9巡目
五筒五筒四索四索四索六索六索南南南 ポン三索三索三索 ドラ四索

しかし、北家達也も負けてはいない。
10巡目に一萬をチーしてテンパイを入れると、小倉がツモ切った北で5200のアガり。一矢報いる。

北家達也11巡目
五萬六萬七萬八萬八萬九萬九萬九萬北北 ロン北 チー一萬二萬三萬 ドラ四索


南入時の点棒状況

東家たろう 35000点
南家小倉  26100点
西家達也  27400点
北家赤坂  11500点


赤坂一人置いていかれる展開。小倉にラスを押し付けるにも難しそうだ。


南1局、振り込んでも振り込んでも取り返すのが南家小倉。
7巡目に六索を横に曲げリーチと出る。

南家小倉7巡目リーチ
一萬一萬一萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒二索四索八索八索 ドラ一索

ドラそばのいわゆるモロヒでは簡単に出る牌でもないのだが、五索は純カラなのに対し、三索は山に4枚丸生き。
一発はさすがになかったものの2巡後に簡単に引き寄せ、裏が乗って1300/2600のアガり。トップ目たろうとほぼ並ぶ。

南家小倉9巡目
一萬一萬一萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒二索四索八索八索 ツモ三索 ドラ一索 裏二索


南2局、親を自らのアガりで持ってきた小倉。
小倉に連荘されまいと北家たろうが果敢に仕掛ける。3巡目、5巡目と白七萬を仕掛け、9巡目四筒チーでテンパイ。

北家たろう9巡目
八筒八筒四索五索 チー四筒五筒六筒 ポン七萬七萬七萬 ポン白白白 ドラ九萬

すでに親番がないたろうとしては、小倉に高い手をアガられると、届かなくなってしまう。それだけ重要な局面なのだ。
しかし東家小倉が12巡目に追いつきリーチと出る。

東家小倉12巡目リーチ
二萬三萬四萬五萬六萬七筒七筒九筒九筒九筒五索六索七索 ドラ九萬

場に七萬は4枚見えているが、一萬四萬は顔を見せていない。実際に一萬が3枚生きであった。
この勝負は、北家たろうが無スジの七索を引いたところでギブアップ。小倉一人テンパイで終局。


同1本場は、10巡目に南家達也がツモリ三暗刻のリーチをかけるが流局。今度は達也、たろうの二人テンパイ。


ともあれ小倉の親は流れ、南3局2本場、またしても西家たろうが仕掛ける。
接戦での現状ある供託2000点は大きい。2つ晒して終局間際に大きな300/500は500/700のツモアガり。

西家たろう18巡目
一筒二筒三筒七筒八筒九筒九筒 ツモ九筒 チー五索三索四索 ポン西西西


オーラスを迎えての点棒状況は、
東家赤坂   7200点
南家たろう 36600点
西家小倉  31300点
北家達也  24900点


前局のアガりが出る前は、トップ目たろうと2着目小倉との差は、わずか1100点だったのが、その差5300点と広がった。
5200出アガり、1000/2000ツモでも届かないので、たろうにとっては価値のあるアガりであった。

南4局、ここが本日一番の見せ場であった。
まず、南家たろうに簡単な配牌がくる。
暗刻が2つに翻牌のトイツが2種類。最初のツモが五筒で、何と1巡目にしてメンホン三暗刻のイーシャンテン。

南家たろう1巡目
一筒一筒一筒二筒二筒二筒六筒九筒八索南南白白 ツモ五筒 ドラ七萬

東家赤坂も最後の意地を見せる。2巡目に急所の八索を引き、ドラドラのイーシャンテン。
あわよくば三色まで育つかも知れない。

東家赤坂2巡目
一萬三萬三萬七萬七萬四筒七筒八筒二索三索四索七索九索 ツモ八索 ドラ七萬

北家達也も四索が暗刻になり、2巡目にしてイーシャンテン。しかしこちらは上2人を捲れる手ではない。

北家達也2巡目
三萬四萬一筒二筒三筒五筒六筒一索一索四索四索七索南 ツモ四索 ドラ七萬

テンパイ一番乗りは東家赤坂。3巡目六筒ツモで三色は崩れた。
曲げるなら1枚切れのカン二萬待ちだろうが、手変わりを待ってダマを選択。

東家赤坂3巡目
三萬三萬七萬七萬六筒七筒八筒二索三索四索七索八索九索

同巡、西家小倉が切った白を南家たろうが叩き、たろうも5200点のテンパイ。

南家たろう4巡目
一筒一筒一筒二筒二筒二筒五筒六筒南南 ポン白白白 ドラ七萬

一人出遅れた感のあった西家小倉だが、五萬を引き込み、イーシャンテンに。

西家小倉4巡目
四萬六萬八萬一索二索三索七索九索九索西西西發 ツモ五萬 ドラ七萬

すでにテンパイを果たしていた南家たろうだが、北家達也が切った南をポンして暗刻から打一筒、マンガンへと変える。
これは少しでも素点を叩きたいのもあるだろうが、2着目小倉と3着目達也の点差は6400点。
小倉からアガることが出来れば、小倉を3着に落とすことが出来る。無論目的はこちらであろう。

南家たろう5巡目
一筒一筒二筒二筒二筒五筒六筒 ポン南南南 ポン白白白 ドラ七萬

山に6枚生きの四筒七筒。北家達也以外にはツモ切られる牌だが、中々顔を出してこない。

そうこうしているうちに西家小倉が、絶好の七萬を引いてリーチと出る。

西家小倉7巡目リーチ
四萬五萬六萬七萬八萬一索二索三索九索九索西西西 ドラ七萬

待ちは3メンチャン。ツモればマンガンでトップとなる。
ここで小倉がトップを取れば、最終日を待たずして優勝が決まってしまうか。

一発目、北家達也に九萬が回ったが、手の内から西を切りセーフ。しかしテンパれば勝負で出てしまう可能性も高い。

東家赤坂のツモは五筒。変化を待っている数巡のうちに二萬は場に3枚切られ、マンズは変化しづらくなっていた。

また、南家たろうの2つの仕掛けと西家小倉のリーチに挟まれ、悠長なことも言ってられない。
東家赤坂は八筒と入れ替えてリーチ。

東家赤坂8巡目リーチ
三萬三萬七萬七萬五筒六筒七筒二索三索四索七索八索九索 ドラ七萬

しかし、山には三萬七萬は1枚ずつしか眠っていない。実質6枚生きの四筒七筒と5枚生きの三萬六萬九萬の勝負だろう。
リーチ棒が出たことで、西家小倉は脇からの出アガりでも条件を満たした。さてこの勝負はいかに?

西家小倉が一発目にツモッてきた牌は――。
何と予想外の七萬
裏こそ乗らなかったが、東家赤坂に12000の放銃である。

絶不調の赤坂が小倉のリーチによりタイミングが合ってしまった。
それにしてもドラを2連続で引いてくるとは小倉のツモも良すぎたか・・・。
これで東家赤坂20200点、西家小倉18300点のラスになり、並びが出来た。

同1本場、終盤にテンパイを取りに行った東家赤坂が、17巡目にドラをツモリ、1000オールで2着目の達也に300点差と迫った。

東家赤坂17巡目
五筒六筒七筒三索四索六索七索八索八索八索 ツモ二索 チー八萬六萬七萬 ドラ二索


そして同2本場、南家たろうが3メンチャンをダマにし、東家赤坂から2000は2600のアガりで終了。順位の変動はなし。

南家たろう13巡目
四萬五萬六萬七萬八萬二筒二筒三筒四筒五筒七索八索九索 ドラ八索


15回戦終了時ポイント

小倉  +305.3
たろう  +79.7
達也   △22.2
赤坂  △364.8

小倉まさかのラスで最終日が面白くなった。
それにしても小倉の安定感には目を見張るものがある。ラスを引いた時でも、常にトップを見据えた位置につけている。
たろうは、前半2日間リーチをかけてもかけてもアガれなかったが、ここにきて本来の調子を取り戻してきた。
ゲーム回しも目を見張るものがある。いくつものタイトルを獲ってきたこの男の逆転劇はあるか?
達也はまったく手が入らずに、ポイントを減らしてしまった。しかし、ここ一番での勝負強さがある。雀王戦初の2連覇なるか?
赤坂は3日間、常に他者に遅れを取ってオリるのみで、いまいち参加出来てないようだった。
しかし、小倉から大きな12000点をアガッたことで、吹っ切れたのではないか。

誰が雀王の座を勝ち取るのだろうか。残すはあと、一日。


文:阿賀 寿直

 |1日目観戦記2日目観戦記|3日目観戦記|最終日観戦記

▲このページトップへ

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー