・半荘戦。50分の時間打ち切りあり。
・サイコロは、座位・起家決めは二度振り、開門は一度振り。
・喰いタン・先付けあり。常時一翻縛り(二翻縛りなし)。
・子の7,700点、親の11,600点は切り上げ満貫とする。
・25,000点持ちの30,000点返し。持ち点がなくなってもゲームを続行する。
・リーチの一発役あり(ポン・チー・カンがあれば無効)。
・カンドラ・裏ドラあり(槓ドラの裏も含む)・赤ドラあり。
・人和・流し満貫・途中流局なし(四風子連打、四人リーチ、九種倒牌)。
・親のアガリ及びテンパイは連荘とする。(オーラスでのアガリ止め・テンパイ止めはなし)
・ノーテン罰符は場に3,000点。形式テンパイあり。
・喰い替えなし。
・1,000点を1Pとし、30,000点からの得失点に順位点を加えてポイントをつける。
 順位点は1位+50P、2位+10P、3位△10P、4位△30Pとし、同点の場合は順位点を分ける。
・ゲーム終了時に供託立直料がある場合は供託のままとする。
・メンゼンであればいつでもリーチできる(ツモ番がなくても可)。
・複数によるロンアガリは上家のアガリとする(二家和・三家和なし)。
・リンシャンカイホウはツモアガリ(三家包)とし、ツモの二符を認める。
・翻牌(連風牌を含む)の雀頭は二符。
・純粋な役の複合によるダブル・トリプル等の役満を認める。
・役満・明カンの包なし。
・チー・ポン・カンの空行為は、1000点の罰符。
・アガリ放棄者は流局時にノーテン扱いとなる。
・リーチ後の暗カンはメンツ構成の変わらないものにかぎりこれを認める。
 不正なカンは流局時にチョンボ。
・ノーテンリーチは流局時にチョンボ。そのほか、不正なアガリを宣言して手牌を公開した場合、
 ゲームの続行を不可能にした場合、チョンボとする。
・チョンボ者は、順位確定後20P減点。同卓者の得点にはならない。
・チョンボの発生した局はノーゲームとし、その局をやり直す。
・その他、日本プロ麻雀競技規定に従う。
※携帯電話は、マナーモードに切り替えるか電源をお切り下さるようお願いします。
 また、競技中の通話ならびにメールのやり取りもご遠慮ください。