トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

≪大会レポート≫

こちらでは初めまして!!
15期前期入会の鈴木宏二郎です!!
今回は、チャンピオンロードオータムCSシリーズが開催されました!
114名と多くの方のご参加ありがとうございました!!

オータムルールは日本プロ麻雀協会唯一の一発裏無しルールですが、チャンピオンロードはもちろん一発も裏もありますし、赤ドラもあります!!
オータムルールと間違って……という方はいないですねすいません!<(_ _)>

そんなチャンピオンロード今回の決勝に進んだのは…
1位 島方武司さん +366.3
2位 三宅桜さん +244.3
3位 小林康人さん +212.0
4位 百田仁彦さん +199.2
と一般の方4名!!
協会員はというと、冨本、水瀬夏海、藤嶺が準決勝で敗退となってしまった…

そしてこの4名のポイントを見て「ん?」となった方も少なくないと思います!
トップを走る島方さんはなんとこの日6連勝しており、2位の三宅さんとのポイント差がなんと120P以上!!
協会ルールがいくらオカアリであっても1半荘でこのポイント差を捲るのは相当厳しいです……
正直、僕は島方さんの優勝は揺らがず残り3名の順位争いになると思っていました。
チャンピオンロードはGCポイントの上位24名が3月に行われるグランドチャンピオン大会に招待されることとなっており、たとえ優勝が狙えなくとも1つでも上の着順を狙いGCポイントを稼ぐのも重要となっています。

並びは起家から百田→三宅→島方→小林。
東1局 親 百田
最初に動いたのは三宅。4巡目にをポン。
ポン ドラ
ソウズの混一色で、もう1枚役牌が重なれば満貫でスタートダッシュがきれるところ!!
目論見通り役牌のを引き入れをチーした後にを引き満貫のテンパイ。
チー ポン ドラ
その後を引き
チー ポン ドラ
と更に広いテンパイとなる。
が、この局は流局。
三宅の1人テンパイかと思いきや島方もソウズを使い切り2人テンパイとなる。
静かな立ち上がりとなった決勝。

東2局 1本場 親三宅
百田は8巡目に勝負手が入る。
ドラ
赤2枚に加え456の三色も見えるイーシャンテン。
そして10巡目に望み通り三色になるを引き入れテンパイ。

ドラ
でアガれば跳満になるこの手で百田はダマテンを選択!
タンヤオ赤1のイーシャンテンであった小林は、百田がツモ切ったをポンしてテンパイを入れる。
ポン ドラ
しかしこのテンパイ打牌のは百田のアタリ牌。百田の8000は8300のアガリとなる。
ロン ドラ

東4局 親小林
ここでポイントが大きく動き始める!!
先にテンパイを入れていたのは島方。
チー ドラ
赤ドラで3900のテンパイ。
しかし上家の三宅からリーチの声。
ドラ
三宅は終盤にを引いてのテンパイ。
直前にをスライドしていたので、ここは三色確定のか、ピンフが付くを引きたかったと思うが、巡目と自身にドラが2枚あることからリーチを選択。
そしてこのを掴んだのが島方。
自身もテンパイという事でを押すも、三宅に捕えられ8000点の放銃となる。

南1局 親 百田 配牌
ドラ
かなり纏まっていて良形も多くドラも使える勝負手である!
これが8巡目にテンパイ。
ドラ
ピンフドラ3の12000の手になっていた!!
親の勝負手。これをダマテンにしてすぐ、島方からが放たれこれをロン。
これで点数状況は以下となった。
百田42500
三宅39700
小林13900
島方3900
島方はトータルポイントでは上回ってるものの、少しキツイ展開になってきている……

南1局 1本場 親 百田
ここでも先手を取ったのは親の百田。
6巡目にリーチを打つ。
ドラ
リーチ打牌のを三宅がチーし一発が消えるも、字牌としか切られていない河に島方は少考し、のアンコ落としで凌ぐはずがこれが百田に討ち取られ5800は6100の放銃となった。
これによりついに島方は箱下。
百田48600
三宅39700
小林13900
島方▲2200

南2局 親 三宅
恐らくここが今回の決勝の決定打となったであろう1局。
点差を競っている百田と三宅はお互いまずはトップをとるのが必要条件。。
そんな中先に攻めたのは三宅。
ドラ
このリーチ。しかし百田もすぐに追いつきリーチ。
ドラ
両者にドラは無いものの、点差は近くお互い引かずのリーチ合戦となる。
しかし、ここで静かに座していた島方の手牌も
ドラ
と熱い勝負手となっていた!!

この勝負所を制したのは親の三宅!!
ツモ ドラ 裏ドラ
大きな大きな4000オールのツモアガリ。
これにより三宅が島方をトータルポイントで上回る!!
三宅57200
百田39100
小林9900
島方▲6200

その後三宅は更に加点し60000点を越え、見事に逃げ切った。
優勝は122ポイント差を捲った三宅桜さん!!

三宅さんは日本健康麻将協会の認定レッスンプロであり、普段は麻雀教室の先生をしているとのこと。
先生が優勝というのは生徒さんも凄く嬉しい事だろうと思うので、たくさんお祝いされてるんだろうなー(´▽`)
自分も麻雀教室で先生をしているので、生徒さんの喜べる結果をこれから出していけるよう見習って精進していこうと思います!!
次回のチャンピオンロードは12月24日(月祝)の日本オープンシリーズです。

多数のゲストプロも参加するワンデー大会となっておりますので、是非皆様のご参加をお待ちしております!!
                                                                      (文・鈴木 宏二郎)

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー