トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ


≪大会レポート≫

みなさんこんにちわ、第13回日本オープン優勝、美白若作り系雀士の矢島亨です!
今回の日本オープンシリーズのレポートを書かせていただきますので、よろしくお願いいたします。
わたくしはベスト8で18000点と12000点と8000点をアガったのですが、SMAPの解散などによりなぜかトップを取れずに敗退してしまいました。
え?いいから決勝のレポートをしろ?わかりましたよ〜

ではそんな決勝は、
中月 裕子(協会) +249.1
岡山 昇平さん +226.1
山田 亮さん +196.9
西野 徹さん+169.2
の4人で行われました。(以下、敬称略)

中月は2着の場合でも、岡山以外がトップならほぼ優勝。
岡山はトップなら優勝。
山田は中月が2着なら12300点差以上を付けたトップ、それ以外はトップを取れば優勝。
西野は自身のトップは必須で、中月4着、岡山3着なら優勝となります。

起家から、岡山-西野-山田-中月。
さあ!運命のサイコロが今、静寂を突き破って振られました!(ただ言いたいだけですw)
まずこの東1局で山田が3メンチャンの先制リーチ。
 ドラ
親の岡山、西野も食い下がるが2人テンパイで流局

東2局は山田が、
 ドラ
この形から、積極的に仕掛けて行き大成功、ポンテンを取った親の西野からうれしい12000の出アガリとなる。
 ロン 加カン 加カン ドラ

東3局は中月が、
 ツモ ドラ
この形からうまくチートイツに決め打つを切って4巡後に先制リーチ。
 ドラ

もうあとが無い西野も高目チャンタ三色のテンパイから
 ドラ
追っかけリーチと行くが、軍配は中月に上がり、西野はこれでかなり厳しくなってしまう。

東4局にも中月が2600オールをアガり、優勝が決まったかと思われたが、
 リーチツモ ドラ 裏ドラ
岡山がド高目をツモりあがり、これでまだまだわからなくなった。

南2局は山田が西野から8000点をアガり、南3局は出来れば満貫ぐらいの打点が欲しい岡山。
 ドラ
この形からをスルーしてリーチ!見事に高目のを中月から出アガリ最高の結果に。
 ロン ドラ 裏ドラ

それではオーラスの条件を確認しよう。
中月 30000点
岡山 37400点
山田 36200点
西野 ▲3600点
中月はトップになって流局すれば優勝。
岡山さんはアガれば優勝。
山田さんは1300点以上をアガれば優勝。
西野さんはダブル役満をアガれば優勝となります。

さあ、誰が優勝するのか?
アガれば優勝の岡山だがかなり配牌が悪い、親の中月も伸び悩む中、山田が、
 ツモ ドラ
この形からタンヤオの仕掛けも視野に入れ、のトイツ落としを始めるとあっという間にテンパイとなり
 ロン ドラ
中月のをとらえて優勝をものにした。

いろんな大会に積極的に参加をして勉強熱心な山田さんことやまーにょさん、初優勝おめでとうございます!

(文・矢島 亨)

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー