トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

≪大会レポート≫

11月23日に行われたチャンピオンロード「オータムCSシリーズ」
昨年は歴代覇者7名と多数の参加でしたが、
今回は現覇者の鈴木たろう・第9回優勝の綱川隆晃・そして第4回優勝の私大浜岳と3人での参戦。

去年はベスト32に進んだのは7人中2人!3人とも通過すればクオリティは上です♪

ベスト32のボーダーは+22.1p
綱川→1着・3着・2着1着の+163.8pで余裕の通過
たろう→4着・2着・1着・1着の+64.0pでこちらも通過
大浜→3着・2着・3着1着の+22.1pで辛くも通過!!!!

え?+22.1pが2人いるの?

え?その場合、3回戦目までのスコア上位者が優先されるの?

え?つまり大浜は敗退…だと!?

ちなみに同ポイントで敗退したの2度目です。
そんな奴おらんやろ…


はい!気を取り直して決勝のレポートになります!

決勝に駒を進めたのは以下の4名
西澤 泰幸さん+317.6p
金原 正雄さん+260.7p
大矢 忠慶さん+235.3p
綱川 隆晃(協会)+186.6p

西澤さんがかなり優位な状況で、他の3人の優勝条件は以下になります。
金原さんがトップの場合→西澤さん3着以下なら優勝。2着の場合は素点で5700点差以上
大矢さんがトップの場合→西澤さん4着ならほぼ優勝、3着の場合は素点で22400点差以上
綱川がトップの場合→西澤さん4着で51100点差以上、かつ金原さんも捲ること
となっています。

ただ単純に、
「アガった人だけが得をする」
わけではない局が非常に多かった決勝ひと半荘ですので、クイズを入れてみることにしました。
答えはマウス反転して見てくださいね♪
ちなみに回答は大浜個人の感覚になりますので悪しからず…

起親から金原→綱川→西澤→大矢の並び。

東1局は金原さんの1人テンパイで流局。
同1本場で最初のテンパイは大矢さん。
大矢 7巡目リーチ
 ドラ

しかし綱川も追いつきリーチ。
綱川 10巡目リーチ
 ドラ

仕掛けてテンパイを入れていた金原さんが綱川に放銃。
裏ドラで8000は8300。

Q1.このアガリで得をしたのは?

A1.綱川・西澤
解説:金原さん以外がトップであれば、自身はラスを引かなければ優勝の西澤さんにとってこのアガリはかなりプラスになっています。

東2局は綱川が4000オール。
 リーチツモ ドラ 裏ドラ
このアガリは金原さん・大矢さんにとってはトップが遠のく辛いアガリ。
ちなみに西澤さんにとっては綱川とトータルの差が大きいので2人よりは痛手は少ない。

同1本場は金原さんが2000・4000は2100・4100のツモアガリ。
 リーチツモ ドラ 裏ドラ

これで、
金原24000
綱川42200
西澤16900
大矢16900

Q2.このアガリで一番損をしたのは?

A2.西澤
解説:西澤さんはこの半荘ラスだけは(金原さんトップだと3着も)非常にまずい。
逆に綱川は西澤さんのラスが必須なので親被りをしたが悪くない。

東3局は大矢さんが西澤さんとのリーチ合戦を制し、綱川より2600点の出アガリ。
 リーチロン ドラ 裏ドラ

これで西澤さんが単独ラスとなり、追う三者的には非常に良い並びに。

東4局は綱川が西澤さんのリーチ宣言牌を捉え3900点のアガリ。
 ロン チー ポン ドラ

南入し、
金原24000
綱川43500
西澤12000
大矢20500

冒頭に「金原さんは西澤さんとトップ-3着条件」と書きましたが、別の現実的な条件が。
金原さんは綱川がトップ、自身が2着で大矢さんが3着、西澤さんがラスという並びの場合は17000点差をつければ逆転優勝となるのです。

そして南1局は金原さんが2900を綱川から出アガリ。
このアガリで西澤さんとの差は14900点。既に射程圏内となっています。

同1本場は西澤さんが積極的に仕掛け1000・2000は1100・2100のアガリ。
 ツモ チー ポン ドラ

トータル2100点差まで詰められていた西澤さんですが、3着になれば並びを崩せるので相当大きなアガリです。

南2局は3着目の大矢さんが400・700のアガリ。
 ツモ ドラ

Q3.このアガリは西澤さんにとって損?得?

A3.
解説:3着目と少し差が広がってしまったが、現状トップ目である綱川は西澤さんと51100点差をつけられなければ良いので大して問題ではない。
そしてトップ必須の金原さんは最小2局で綱川との16400点差を捲らなければならないため、西澤さんにとっては局が減ることは大歓迎。
もちろん一番キツくなったのは綱川。親番が無い状況で並びを変えずに西澤さんと更に29200点差をつけなければなりません。

南3局
金原22400
綱川38800
西澤16900
大矢21900

勝負手がぶつかる。
大矢 9巡目リーチ
 ドラ

綱川 9巡目リーチ
 ドラ

Q4.綱川は誰からならアガリ、誰からはアガらない?

A4.ツモか西澤からのみアガり、金原・大矢からはアガらない。
解説:裏ドラが乗らなかった場合…
西澤からアガった場合→次局6400以上直撃・ハネマンツモで優勝
ツモアガリの場合→次局5200点以上直撃・ハネマンツモで優勝
大矢からアガった場合→次局西澤から倍満以上直撃・役満ツモで優勝
金原からアガった場合→次局西澤から倍満以上直撃・役満ツモで優勝
となり大矢・金原からアガると、綱川は自分の首を絞めることになる。

11巡目。
を掴んだのは大矢さん。
綱川もちろん微動だにせず見逃し。
しかし無情にも綱川がを掴み大矢さんに放銃となる。

南4局
金原22400
綱川29800
西澤16900
大矢30900

現状の優勝は大矢さん
西澤さんは→金原さんを捲るか、大矢さんを2着以下に落とせば優勝
金原さんは→トップになるか、西澤さんから8000点以上の直撃で優勝
綱川は→役満ツモか西澤さんから三倍満以上を直撃で優勝

と、綱川以外は現実的な条件が残っています。
金原さんが7巡目にリーチ。
 ドラ

西澤さんも仕掛けて直撃限定条件ではありますがテンパイ。
 ポン ドラ

そして大矢さんもテンパイを入れています
 ドラ

大矢さんはこの局、綱川とテンパイノーテンでトップが入れ替わってしまいます。
が、役満条件の綱川はリーチや仕掛けに対して安全牌しか切っていません。

しっかりと綱川ノーテンを察し、テンパイを崩し流局。

大矢さんが初優勝を飾りました!!
おめでとうございます!

(文・大浜 岳)

 

 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー