トップページ
日本プロ麻雀協会について
日本プロ麻雀協会 競技規定
タイトル戦/公式戦情報
チャンピオンロード
関西チャンピオンロード
過去の観戦記
協会スケジュール
対局会場 案内
協会員名簿

や・ら・わ
日本プロ麻雀協会 プロテスト
協会チャンネル
ゲスト/メディア情報
協会員ブログ
日本プロ麻雀協会 麻雀教室
お問い合わせ
ゲスト/麻雀教室 の依頼
日本プロ麻雀協会公式HP プライバシーポリシーお問い合わせよくあるご質問リンクサイトマップ

≪大会レポート≫

みなさん、こんにちは!日本プロ麻雀協会の佐治敏哲です。
今回はチャンピオンロード「新人王」シリーズ。
去年に続き、私がレポート担当します。

8月中旬夏真っ盛りの暑い中、112名と多くのご参加ありがとうございました。
去年は「メインゲスト」という響きに酔いしれ4回戦敗退。
うーん、ちょっと格好悪いですね(笑)
なので今回は密かにリベンジに燃えてました。
結果は1→1→2→4→1→4で12位。
決勝には残れませんでしたが健闘に満足しています。


さて、決勝に進んだのは以下の4名。
名波愼一プロ +253.2
岡崎康三さん +226.0
中西清史さん +225.5
平林佑一さん +217.1
(以下、敬称略)

トップの人が優勝と、とてもシンプルだ。

○東2局
5巡目、親の平林がテンパイ。
ドラ
一手変わり三色だがが河に2枚。
ドラ1あるしリーチかなと思いきや、ダマテンに構えた。
東1局に最終盤でカンの「のみ手」を曲げた人とはまるで別人だ。
2巡後にを引きリーチ、見事4000オールをアガってみせた。

○東2局1本場
平林が二の矢を放つ。
ドラ
これぞ最終形という美しい手だが、リーチはなんと6巡目。
ここに名波が一発で飛び込んだ。
現物なしのイーシャンテンで捕まり18000点。

○東4局
点数がない名波が親番。
2巡目
ドラ
切られるを2枚ともスルー。
ちょっと悠長に感じる。
門前進行に、先制リーチなどのいい未来が想像しにくい。
持ち点的にも小四喜やホンイツを狙いたいところだ。
点棒のない親のオタ風仕掛けでドラが。周りも踏み込みづらいだろう。
あっさり流され南入となった。

○南2局
58000点もちの平林が親。
ドラのを仕掛け、場に緊張が走る。
これをアガられたらギブアップだ。
待ったをかけたのは中西。
フリテンの両面リーチを打ち、終盤に500/1000のアガリ。
親に望みを繋いだ。

○南4局
しかし思い通りにいかないのも麻雀の常。
あっさりオーラスを迎えた。

名波 △2700
岡崎 19200
平林 56200
中西 27300

岡崎は役満条件。
中西は平林から倍満or役満。
名波はラス親でひたすら連荘だ。

先制テンパイは平林。
の役なしシャンポンをダマテンにし、国士の人の1枚余りに対応してオリ。
名波は両面3つの2シャンテンがなかなか進まない。
ようやく1シャンテンになった時には、巡目が遅すぎた。
とうとう両面が埋まることなく流局。
全員ノーテンで幕を閉じた。

優勝は平林佑一さん!おめでとうございます!
3回戦から5連勝での優勝はすごすぎます!
友人の勧めで、今年からチャンピオンロードにフル参加だという。
牌捌きがキレイで、淡々と打つ姿が最高でした。

さて、次回のチャンピオンロードは9/23(月祝)
「オータムチャンピオンシップ」シリーズとして、歴代優勝者をゲストに迎えます。
協会員も多数参加、もちろん私も参加するつもりです。
みなさまのご参加、心よりお待ちしています!

                                                                    (文・佐治敏哲)




 

当サイト掲載の記事、写真、イラスト等(npmのロゴ)の無断掲載を禁止します。(c) 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved. 管理メニュー